KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


グローバリゼーションと地域変容 (渡辺 吉鎔奥田 敦田島 英一山本 純一

    2002年度秋学期 水曜日1時限
    科目コード: 60090 / 2単位
    カテゴリ: 3.プログラム科目(大学院)


1. 主題と目標/授業の手法など

     グローバリゼーションを主題に、東アジア、東南アジア、東欧、北米、南米、中東など各地域との関連性について、体系的で総合的な講義・討議を行うことを目標とする。
     今学期は、特に14回の講義中9回については、アジア最高の大学である中国の復旦大学・韓国の延世大学・日本のSFCGGプログラムの間で「日・中・韓3者間による遠隔授業」が行なわれる。この遠隔授業は、他の遠隔授業と違い、一方的に講義を行うのではない。リアルタイムという利点や、3か国同時参加・討議という特色をいかして、各授業は次のように企画されている。すなわち、発信校の教授による講義が40分、その講義に対する3大学の学生たちのコメントが各5分の計15分、そして受信校の教授たちによるコメントが各5分の計10分。そして最後の25分間は3大学間の自由な質問・応答や討論にあてられる。
     講義内容は、グローバリゼーションに対して、東アジアのinternational relations, transnational relationsが、どのような影響を受け、対応ないし変容をとげているのか、政治、文化社会、経済、制度的側面から多元的に解明していく。
     さらに、この遠隔授業は、教室の中で終わらず、一学期間につぎのような展開が予定されている。1.日中韓の3大学院履修者による共同研究の推進、2.(上海・ソウル・東京)3都市巡礼1日ワークショップ(11月4日ー8日)、3.GG International Symposium(2003年3月20日頃、上海)における共同研究発表。
     このように真の意味での研究の国際化と国境を越えた知見の共有化をめざすものでもある。 

     5回は、SFCのGGの教員による日本、東南アジア、東欧、中東、南米のグローバリゼーションと地域変容に関する講義が行われる。
     
     


     


2. 教材・参考文献

    最初の授業で紹介する


3. 授業計画

    第1回 東アジア地域 (野村亨)
    授業後簡単なオリエンテーションを行う。

    第2回 復旦大学発信(遠隔)(Zhu Fang)
    1. Lecture Subject and Topics:
    Globalization and East-Asian International Relations

    2. Readings
    (1) Kisborne Mahbubani, “ AN Asia-Pacific Concensus”,
    Foreign Affairs, Spt/oct, 1997. pp149-158
    (2) Tsutomu Kikuchi, “ East Asian Refionalism: a Look at
    the “Asean plus three’ Framework, Japan Review of
    International Affairs, spring 2002, pp23-44


    第3回 延世大学発信(遠隔)(Ham, Chai-bong)
    1.Subject and Topics:
    Confucianism and East Asian Modernity
    2.Readings
    (1) Ham, Chai Bong, "How the East was won: Orientalism and the new Confucian Discourse in East Asia", Development and Society, Vol. 29, No. 1, June 2000, pp. 97-109.
    (2) Ham, Chai-Bong, "The Cultural Challenge to Individualism", Journal of Democracy, Vol. 11, No. January 2000. pp. 127-134.

    第4回 慶応大学SFC発信(遠隔)(小島朋之)
    1.Lecture Subject and Topics:
    The Newly Emerging Situations in the Northeast Asian Region and the
    Japan-China-Korea Relations

    2.Readings
    (1) Tomoyuki Kojima, "Overall Situation in East Asia," Jasjit Singh ed.,Cooperative Peace in Asia (Institute for Defense Studies and Analyses, 1998
    (2) Tomoyuki Kojima, "Japan's China Policy," Peter Drysdale ed., Japan and China (Asia Pacific Press, 2000)



    第5回 復旦大学発信(遠隔)(David Held)

    1. Lecture Subject and Topics:
    From Executive to Cosmopolitan Multilateralism

    2. Readings:
    (1)Held, David, Anthony McGrew, David Goldblatt and
    Jonathan Perraton (eds.) [1999] 'Introduction,' and
    'Conclusion: the Shape of Contemporary Globalization,'
    in Global Transformations: Politics, Economics and
    Culture, pp. 1-31 and pp. 414-452, Cambridge: Polity
    Press.


    第6回 慶応大学SFC発信(遠隔)(香川敏幸)
    1. Lecture Subject and Topics:
    Global Trends and Regional Transformations in East Asia: Regionalism, Multilateral and Bilateral Settings of Governing the Market.

    2. Readings
    (1) Held, David, Anthony McGrew, David Goldblatt and Jonathan Perraton (eds.) [1999] Global Transformations:Politics, Economics and
    Culture, Cambridge: Polity Press.
    'Introduction,' pp1-31, '3Global Trade, Global Markets,'pp149-188, '5Corporate Power and Global Production Networks,'pp236-282,
    and 'Conclusion: the Shape of Contemporary Globalization,' pp.414-452
    (2)Kennedy, Paul, Dirk messner and Franz Nuscheler(eds.) Global Trends and Global Governance[2002]London:Pluto Press

    第7回 延世大学発信(遠隔)(Jeong, Kap-Young)
    1.Subject and Topics
    Korean Economy: 5 Years after Crisis
    2.Readings
    (1) Jeong, Kap-Young & Jung, Ku-Hyun. "Corporate Restructuring and the Future of Chaebol" Chung-In Moon, David I. Steinberg (ed) Korea in Transition under Kim Dae Jung Government, Asian Studies Program, Georgetown University and Yonsei University Press 2002, pp. 131-144
    (2) Park, Seung Rok. "Economic Performance of Korean Chaebol, Non-Chaebol, and Public Firms during the Restructuring Period of the Late 1990s" Paper presented to the 50th Anniversary International Conference of the Korean Economic Association, Seoul, August 2002.

    第8回 南米・メキシコ (山本純一)

    第9回 延世大学発信(遠隔)(Kim, Hyun-mi)
    1.Subject and Topics:
    Gender Transformations in East Asia
    2.Readings:
    (1) Stivens, Maila (1998), "Theorising gender, power, and modernity in affluent Asia"
    In Krishna Sen & Maila Stivens, eds. Gender and Power in Affluent Asia, London and New York: Routledge, pp. 1-34.

    (2) Kim, Hyun Mee (2000), Work, nation and hypermasculinity: the 'woman' question in the economic miracle and crisis in South Korea, Inter-Asia Cultural Studies, Vol. 2, no. 1, 53-68.



    第10回 慶応大学SFC発信(遠隔) (奥田敦)
    National Identity, Regional Identity & World Cup Soccer

    第11回 復旦大学発信(遠隔)
    3大学履修者の共同研究発表会

    第12回 日本と米国 (草野厚)

    第13回 東欧地域(香川敏幸)

    第14回 アラブ イスラム圏(奥田敦)


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    日・中・韓3大学共同のテーマを提示、関心のあるテーマを選択し、3者間の共同研究を行う。
    出席率、授業への積極的な参加、レポートによる総合評価。


5. 履修上の注意・その他

    9回は英語による授業であるが、授業のアーカイブ化を予定しているので
    努力すれば言語の問題は特に心配ない。


6. 前提科目

    複数のリージョナルアナトミー論を履修すること。


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2002-09-30 16:08:44


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について