KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


宗教と現代社会 (奥田 敦

    2007年度春学期 金曜日4時限
    科目コード: 32190 / 2単位
    カテゴリ: 16.先端導入科目-総合政策-国際戦略(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

    イスラームの教えを軸に宗教と現代社会の問題を考えていく。先入観や偏見にとらわれない、イスラームに対する包括的な理解を深め、その教えの基本を念頭におきながら、さまざまな角度から、宗教、社会、国家、民族、個人、経済、文化、思想、人権、戦争、科学、芸術などの問題を扱いたい。
    それは、グローバル化時代に生きるわれわれにとって、人類全体に向けられた教えとしてのイスラームの意義を探り、それを人類社会の未来に対して積極的に生かしていく方途を探ることでもある。アラビヤ語の用語の紹介など行いながらも、決して専門的になりすぎないよう初学者を対象にすることを念頭に置きながら、講義を進めていきたい。


2. 教材・参考文献

    奥田敦『イスラームの人権』慶應義塾大学出版会、2005年。
    それ以外については、適宜紹介していく。


3. 授業計画

    第1回 宗教と科学
    宗教と科学の関係について、両者の相補性について着目する。

    第2回 宗教と言語
    アラビヤ語について紹介する。

    第3回 宗教とイスラーム
    一神教の最終形態としてのイスラーム

    第4回 宗教とイスラーム
    イスラームとは何か。

    第5回 神について(1)
    神はどこにいるのか。多神教と一神教の関係について。

    第6回 神について(2)
    神が一つとはどういうことなのか

    第7回 宗教と文化
    宗教が文化の一部ではなく、文化が宗教の一つの現われであることを解説する。

    第8回 異文化交流について
    SFC発文化交流について紹介する。

    第9回 宗教と法
    神を立法者とするシャリーアという法について導入を紹介する。

    第10回 宗教と社会
    人はなぜ断食するのかから、宗教と社会の関係について考える。

    第11回 宗教と経済
    競争原理による資本主義的な経済を包み込む真の経済力について考察する。

    第12回 宗教と戦争
    平和の問題を宗教との関連から考える。

    第13回 ともによく生きることとは
    人類全体が共有できる未来にとっての宗教とその役割について考察する。


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    学期末の試験期間に筆記試験を行う。


5. 履修上の注意・その他

    講義時間中の飲食は禁止します。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2007-03-08 17:32:53.173359


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について