KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


ベンチャー経営論 (飯盛 義徳

    2007年度秋学期 月曜日3時限
    科目コード: 65060 / 2単位
    カテゴリ: 4.プログラム科目-併設科目(大学院)


1. 主題と目標/授業の手法など

     本授業は、主としてベンチャー起業を志す方、ベンチャー経営に関心がある方、新しい事業にチャレンジしたい方などを対象に、ベンチャーに関する最新の状況を学ぶとともに、起業や研究プロジェクト運営に役立つ、実践的マネジメント能力を体得してもらうことを目的とします。
     授業では、まずマネジメントに関する基礎的な理論を整理します。そして、「技術をビジネスにする」、「マーケットを創る」などのテーマを設定し、各分野で活躍されているスペシャル・ゲストをお招きして皆さんと一緒に議論を行います。コースの前半は、主に、ベンチャーの立ち上げ、その支援、後半は組織マネジメント、マーケティングをテーマとします。また、今年度は、皆さんの興味、関心の分野を鑑み、SFC発ビジネスや、情報技術、スポーツ関係のビジネスの事例を中心に取り上げます。
     一方、ベンチャー経営においては、問題発見・解決能力、積極的な行動力、戦略的意思決定能力などが要求されます。さらに、金融機関や取引先などの理解を得ることも不可欠です。このような実践的マネジメント能力を育むために、本授業ではビジネススクールで導入されているケースメソッドも一部取り入れます。そして、多くの方々とのコラボレーションによって、SFC、ベンチャーらしい、刺激的な授業を目指し、実践知の形成に努めます。
     最終成果として、授業での議論を参考にして、ベンチャーマネジメントにおける重要なポイントを検討するレポートを作成してもらいます。


2. 教材・参考文献

     必要に応じて指定、配布します。


3. 授業計画

    第1回 ガイダンス
     本授業の目的、カリキュラムの説明を行います。

    第2回 ベンチャービジネスのマネジメント基礎
     経営戦略論や経営組織論、経営情報システム論などの視点からベンチャー企業のマネジメントの大切なポイントを整理します。さまざまな事例をもとに説明を行います。

    第3回 夢を実現する
     自らの夢、思いを実現するための重要なポイントについて議論します。ゲストとして、SFC在学中に起業を実現し、高級化粧品ビジネスで活躍している、ミウ・コスメティックス株式会社<http://www.miu-cosmetics.com/>代表取締役であり、政策・メディア研究科修士課程1年生の藪野美生氏をお招きします。

    第4回 事業を起こす
     新しい事業を立ち上げる場合に起こりうる様々なコンフリクトを解消し、最大の効果をもたらすための具体的方策について、ケース教材を活用して皆さんと議論します。ゲストとして、数々の新事業の立ち上げに成功された東京工業大学連携教授の吉川厚氏をお迎えします。

    第5回 SFC発ベンチャーを育む
     SFCは果敢にベンチャー創出に挑んでいます。慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)<http://www.sfc-iv.jp/>インキュベーションマネジャーの廣川克也氏をお迎えし、SFCにおけるベンチャー育成の取り組み、大学発ベンチャーの実態、今後の展開などについて議論を行います。

    第6回 技術をビジネスにする
     技術をビジネス展開する上での重要なポイントを議論します。ゲストとして、次々と新しいネット事業を立ち上げ、成功を果たしている、株式会社OPTiM<http://www.optim.co.jp/>代表取締役の菅谷俊二氏をお招きします。

    第7回 地域を巻き込む
     起業、運営においては、地域の多くの方々の支援が必要な場合もあります。そのための具体的方策について検討します。ゲストとして、スポーツを通じた地域活性化、Jリーグ入りを目指して設立された、株式会社V・ファーレン長崎<http://v-varen.com/>取締役の森貴信氏をお迎えし、今後の展開など一緒に議論します。

    第8回 人を生かす
     ベンチャー起業、成長の各ステージにおける組織マネジメントの要諦について、皆さんと議論します。企業の人事制度の実務に詳しい、ワイス株式会社<http://www.wyeth.jp/>執行役員人事部長、SFC研究所上席所員(訪問)の横瀬勉氏をお招きします。

    第9回 思いを貫く
     西武ライオンズの元・主軸投手として活躍し、現在は、大学の野球部員の就職、プロ野球選手のマネジメントなどの事業を立ち上げ、スポーツを通じた地域活性化にも貢献されている、株式会社ディレクト・アーツ代表取締役の新谷博氏をお迎えして、仲間を巻き込み、思いをビジネスにするための方策について議論します。

    第10回 マーケットを創る
     マーケットを創り出すための具体的方策、マーケティング戦略について検討します。ゲストとして、新しい事業を次々に仕掛けておられる、3Di株式会社代表取締役<http://3di.jp/>、ngi group株式会社(元・ネットエイジ)執行役の小川剛氏をお迎えして皆さんと議論します。

    第11回 成長を果たす
     社員のやる気を引き出し、事業を成長させるための重要なポイントについて学びます。ゲストとして、Web 2.0時代を見据えたeラーニングや数々のテスト事業を手掛けておられる、株式会社イー・コミュニケーションズ代表取締役<http://www.e-coms.co.jp/>の佐藤信也氏をお迎えします。

    第12回 ビジネスモデルを創造する
     流通現場における諸問題にいち早く目をつけ、インターネットを活用して新しいビジネスモデルを創造し、株式公開を果たした企業のケース教材を用いて、その成功要因などを議論します。

    第13回 まとめ
     今までの講義、ゲストの講演、皆さんとの議論などを振り返りながら、ベンチャーのマネジメントの要諦を議論、整理します。


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

     授業では、GCシステム<http://gc.sfc.keio.ac.jp/>を利用して、簡単なレポートや感想の提出を義務付けます。また、ディスカッションを中心とした授業が多いため、授業での発言が求められます。試験はありませんが、最終成果レポートを提出してもらいます。また、各種のビジネスプランコンテストへの応募は、貢献ポイントとして評価します。
     成績評価は、出席が30%、クラスへの貢献(発言、レポートの内容、ビジネスプランコンテストへの応募など)が40%、最終成果レポートの内容が30%の割合で総合的に判断します。


5. 履修上の注意・その他

     本授業は、議論やレポートなどかなりのワークロードを必要とします。そのため授業内容に強い興味、関心、情熱がある方の参加を希望します。
     なお、ゲストのご都合などで、授業の内容が一部変更される可能性があることをご理解ください。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    マネジメントに関する基礎的な知識を取得している方


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2007-09-03 14:32:49.750245


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について