KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


地域情報化論 (飯盛 義徳

    2007年度春学期 木曜日3時限
    科目コード: 60350 / 2単位
    カテゴリ: 3.プログラム科目(大学院)


1. 主題と目標/授業の手法など

     本授業では、地域情報化の最新動向を紹介し、その意義、可能性について検討を行う。特に、情報技術を駆使して、企業、自治体、大学などの多彩な主体との協働を実現し、地域の問題解決を図ることを目指す地域情報化プロジェクトに焦点を当てる。情報技術を活用したまちづくりの実践、地域活性化、地域情報化政策に関心のある全ての大学院生などを対象とする。
     授業では、地域情報化、ネットワーク、信頼などに関する理論を検討し、先進的な地域情報化プロジェクトの事例研究を行う。また実践知を育むために、地域情報化を題材にしたケースディスカッションも適宜取り入れ、遠隔会議システムを活用して各地との議論も検討している。そして、地域における協働をもたらすプラットフォーム設計の具体的方策について探究する。
     最終成果として、実際のプロジェクトを題材に、情報技術を活用した地域活性化に関する提言発表を検討している。


2. 教材・参考文献

    ・丸田一、國領二郎、公文俊平編著『地域情報化 認識と設計』NTT出版、2006年。
    ・その他、ケース教材などは別途指定。


3. 授業計画

    第1回 ガイダンス
    本授業の目的、内容、成績評価などの説明を行う。

    第2回 地域情報化の概念と地域情報化プロジェクト(講義、ディスカッション)
    地域情報化に関する理論的背景を説明し、最新の動向、方向性について概要を紹介する。

    第3回 eラーニングによるコミュニティ形成(ディスカッション、講演、講義)
    地域の学びの共同体を形成する、インターネット市民塾<http://toyama.shiminjuku.com/>のケースディスカッションを通じて、地域におけるコミュニティ形成のメカニズムについて検討する。ゲストとして、インターネット市民塾事務局長の柵富雄氏にも議論に参加いただく。

    第4回 アントルプレナー育成と地域経済活性化(事例研究、ディスカッション、講義)
    情報技術、地域独自のケース教材を活用した起業家育成スクール、鳳雛塾<http://www.digicomm.co.jp/sagaventure/>の取り組みを紹介し、その意義、今後の可能性について考察する。

    第5回 地域資源の発見と情報発信(事例研究、ディスカッション)
    映像制作プロセスを通じた総合的な企画力の養成を行う、住民ディレクター<http://www.prism-web.jp/>の事例を分析し、協働をもたらす要件などについて検討する。

    第6回 地域情報化政策の動向(講演、ディスカッション)
    総務省からゲストをお迎えし、政府が展開している地域情報化関係の政策を紹介し、今後の方向性について議論を行う。

    第7回 ネットワークに関する理論研究(講義、ディスカッション)
    ネットワークに関する理論を概観し、その特性を整理した上で、地域情報化研究、プロジェクト実践への適用を議論する。

    第8回 情報技術とまちづくり(ディスカッション、講義)
    NPO法人桐生地域情報ネットワーク<http://www.npokiryu.jp/>のケースディスカッションを通じて、情報技術を活用したまちづくりの本質について議論する。

    第9回 新たなつながりの形成(事例研究、ディスカッション)
    昨今、各地で地域SNSが立ち上がっている。その最新動向を紹介し、地域SNSの意義、可能性について検討する。

    第10回 大学連携による地域情報化プロジェクト
    福岡県東峰村<http://www1.vill.toho.fukuoka.jp/>で実践されている、SFCの学生による地域情報化プロジェクトの内容を紹介し、地域活性化、研究、教育の相乗効果をもたらすための具体的方策について議論する。

    第11回 協働をもたらすプラットフォーム設計(講義、ディスカッション)
    今までの事例研究を整理し、地域情報化プロジェクトにおける協働をもたらすプラットフォーム設計について理論的考察を行う。

    第12回 地域情報化プロジェクト提言発表(プレゼンテーション、ディスカッション)
    実際の地域情報化プロジェクトに関する提言を事前に提出してもらい、面白い提言については発表してもらう。

    第13回 まとめ(講義、ディスカッション)
    これまでの授業を振り返りながら、地域情報化とは何か、その本質について深く考察する。


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

     授業では、必要に応じてレポートの提出を義務付ける(GCシステムを利用)。最終成果として、地域情報化プロジェクトに関する具体的提言を発表してもらう。成績評価は、出席が30%、クラスへの貢献(発言、レポートなど)が40%、最終成果の内容が30%の割合で総合的に判断する。


5. 履修上の注意・その他

     本授業は、議論やレポート、提言などかなりのワークロードを必要とする。そのため強い興味、関心がある方の参加を希望する。なお、ゲストのご都合などで授業の内容や順番が一部変わることがあることを理解いただきたい。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2007-03-10 00:03:38.320914


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について