KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


インターネット時代のセキュリティ管理 (村井 純

    2007年度秋学期 木曜日2時限
    科目コード: 95008 / 2単位
    カテゴリ: 6.特設科目(大学院)


1. 主題と目標/授業の手法など

    現在、インターネットは我々の生活に浸透し、社会基盤としての重要度を増しつつある。経済、社会、そして我々の一般的な生活は劇的に変容し、様々な利便性が高まった一方で、情報漏洩や不正アクセス、サイバーテロ等の諸問題も顕在化している。
    RFID/ICカード、放送のデジタル化のような新しい領域での情報セキュリティの体制整備も急務になっている。グローバルインフラストラクチャに対するセキュリティ対策は、その対策を行う主体によって、適切な対策があり、他の主体との有効な連携手法を構築することにある。

    本授業では、現在のインターネットにおけるセキュリティ問題、社会や組織のその問題への対応、そして解決のための技術等についての講義を通し、グローバルインフラストラクチャであるインターネットにおけるセキュリティ対策はどうあるべきかを授業に参加する各学生自身に考えてもらう。各学生が主体的に考えられるように、毎週の授業はディスカッションを重視して行う。従って、積極的に議論に参加することを履修条件とする。なお、シラバスの内容は履修者の興味の対象や時事の問題によって、変更が生じる可能性がある。また、本授業は奈良先端科学技術大学院大学の山口英教授と遠隔合同で行う。


2. 教材・参考文献

    SOIの授業ページで適宜紹介する


3. 授業計画

    第1回 授業概要
    ・毎回の授業形式と全13回の授業の構成
    ・SOI環境の利用方法に関する説明

    第2回 情報セキュリティ:新しいサービスとその課題(1)
    ・RFID/ICカード普及に代表される家庭空間と公共空間の急速なデジタル化に伴って起こった変化と内包するリスクについて議論を行う。
    ・また、パーソナルデバイスのネット化によってもたらされた変化についても議論を行う。

    第3回 情報セキュリティ:新しいサービスとその課題(2)
    ・放送のデジタル化を技術的な切り口で整理し、関連する課題とリスクを明確にする。

    第4回 情報セキュリティ:新しいサービスとその課題(3)
    ・インターネットが社会重要インフラとしての情報基盤の役割を果たし続けていくために必要なものは何か。多様なアプリケーションの要求に答える機能と、攻撃や破壊に対する堅牢性のバランスについての議題を明確化する。
    ・情報セキュリティの国際的位置づけに関して、求められるゴールとその可能性に関して課題の整理を行う。

    第5回 セキュリティ対策の分類とその主体(1)
    ・セキュリティ対策と一概に括られている技術や体制を、同一性、匿名性、完全性などの対策目的とファイル、個人情報、計算機資源、ネットワーク資源などの対策主体によって整理し、具体的な例を交え、現在、未来のセキュリティリスクについて議論を行う。

    第6回 セキュリティ対策の分類とその主体(2)
    ・セキュリティ対策と一概に括られている技術や体制を、同一性、匿名性、完全性などの対策目的とファイル、個人情報、計算機資源、ネットワーク資源などの対策主体によって整理し、具体的な例を交え、現在、未来のセキュリティリスクについて議論を行う。

    第7回 セキュリティ対策の分類とその主体(3)
    ・セキュリティ対策と一概に括られている技術や体制を、同一性、匿名性、完全性などの対策目的とファイル、個人情報、計算機資源、ネットワーク資源などの対策主体によって整理し、具体的な例を交え、現在、未来のセキュリティリスクについて議論を行う。

    第8回 セキュリティ対策のコストとその評価(1)
    ・セキュリティ対策を行うためには、人的、費用的コストが発生する。ネットワークの管理、運用を含めたネットワークのデザインと体制に関して、具体的なセキュリティリスクを取り上げ議論を行う。

    第9回 セキュリティ対策のコストとその評価(2)
    ・セキュリティ対策を行うためには、人的、費用的コストが発生する。ネットワークの管理、運用を含めたネットワークのデザインと体制に関して、具体的なセキュリティリスクを取り上げ議論を行う。

    第10回 セキュリティ対策のコストとその評価(3)
    ・セキュリティ対策を行うためには、人的、費用的コストが発生する。ネットワークの管理、運用を含めたネットワークのデザインと体制に関して、具体的なセキュリティリスクを取り上げ議論を行う。

    第11回 インターネットの未来像:セキュリティアーキテクチャ (1)
    ・グループワーク中間発表1(トピックと視点)

    第12回 インターネットの未来像:セキュリティアーキテクチャ (2)
    ・グループワーク中間発表2(進捗状況報告)

    第13回 インターネットの未来像:セキュリティアーキテクチャ (3)
    ・グループワーク最終発表
    ・本授業の総括


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    成績評価は授業中に課される課題の提出、および発表内容を基準に行う。ただし、授業中に行う議論での発言や本授業の価値向上に貢献する活動については、これを大きく評価する。


5. 履修上の注意・その他

    ・本授業はSOI環境を用いて行うため、履修者はSOIシステムを利用していることが前提となる。

    ・前提となる科目
     本授業では、「インターネット概論」、「ネットワークアーキテクチャ」、および「インターネット構成法」が履修済みであるか、その内容を理解していることを前提に講義を行う。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2007-09-03 17:07:40.815235


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について