KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


日本の国連外交 (阿川 尚之土屋 大洋

    2007年度秋学期 木曜日6時限
    科目コード: 90005 / 2単位
    カテゴリ: 26.特設科目(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

    本授業の主題は、国連外交である。外務省、国連職員、ならびに担当教員その他SFCの教員が講義を行ない、互いに議論をすることによって、国連を通じた外交、特にわが国の国連外交について、履修者の理解を深めることを目標とする。

    13回の授業では、国連外交に関するさまざまなテーマにつき、外務省講師(場合によっては国連職員、防衛庁など他省庁職員、NGO代表などを含む)とSFC教員(あるいは法学部政治学科など他学部・他大学の研究者)による講義を行なう。


2. 教材・参考文献

    適宜資料を配付する。


3. 授業計画

    第1回 日本外交の現状と課題(仮題)
    谷内外務省事務次官による講義

    第2回 国連を通じた開発援助:ミレニアム開発目標と日本
    村田UNDP駐日代表による講義

    第3回 日本と国連 これまでの50年、これからの50年
    千葉外務省総合外交政策局国連企画調整課長による講義。国連邦人職員についても取り上げる。

    第4回 安全保障理事会改革と日本の常任理事国入り
    滝崎外務省総合外交政策局国連政策課長による講義

    第5回 国連安保理における日本の外交
    藤田外務省総合外交政策局国連政策課企画官による講義。2007年10月時点で話題となっているトピックにつき適宜説明。北朝鮮問題、ダルフール紛争等について講義で触れることは想定されるが、個別テーマとしては特出しない。

    第6回 国連の平和維持活動と日本
    河野防衛省防衛部長による講義

    第7回 国際機関における貿易と開発―UNCTADとWTOの比較―
    渡邊頼純総合政策学部教授による講義

    第8回 国連とテロとの闘い
    道井外務省総合外交政策局テロ対策協力室長による講義

    第9回 国連を通じた日本の人権外交
    木村外務省総合外交政策局人権人道課長による講義

    第10回 開発・人道支援システム
    大菅外務省国際協力局多国間協力課長による講義

    第11回 国連における軍縮・不拡散の努力と日本
    芹澤外務省軍縮不拡散科学部軍備管理軍縮課長による講義

    第12回 日本における国連の活動
    幸田シャーミン国連広報センター所長による講義

    第13回 国連の将来と日本(公開パネルディスカッション)
    木寺外務省総合外交政策局審議官


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    出席と課題提出によって総合的に評価する。課題は毎回提出の予定なので、毎回出席することを求める。


5. 履修上の注意・その他

    国連や外交に関する専門的な知識は前提としないが、学ぼうという意識を持って授業に参加すること。また、外部からの講師を招くので、講義時間中の飲食は禁止する。違反した場合には出席を認めない。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2007-08-09 16:56:09.899025


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について