KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


EXPLORING ENVIRONMENT AND INFORMATION STUDIES (Hideyuki Tokuda,Keisuke Uehara,Jin Nakazawa

    Semester : 2008 Spring
    Code : 01002 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    「環境情報学の創造」では、環境情報系(環境デザイン、人間環境科学、先端生命科学、先端情報システム、メディアデザイン)の各領域における問題発見・解決のパラダイムについて学習する。SFCにおける先端研究プロジェクトを幅広く紹介し、その領域における過去、現在、未来を俯瞰し、問題や課題を理解するとともに、各プロジェクトで利用されている様々な問題解決のための方法論やツールについて学習する。また、各領域における問題や課題の把握を通じて、基礎的な概念や手法について理解し、領域間の関係やメタレベルで共通な問題解決のパラダイムや方法論について議論する。そして、SFC における先端研究が全体としてどのような状況にあるかを理解し、受講生が今後どの研究プロジェクトに参加するかについての判断材料を提供する。
    SFCにおける学問領域が、閉じた領域ではなく、絶えずダイナミックに変化していることとを理解し、SFCにおける問題発見・解決パラダイムを実践して、自分の将来すすめるべき卒業制作・論文の作成にむけての方向性を見出す。


2. Materials/Reading List

    ”コラボレーション! SFCという「融合の現場」"
    徳田 英幸、村井 純、千代倉 弘明、金子 郁容 編、慶應義塾大学出版会、2007


3. SCHEDULE

    #1 環境情報学の創造とは?
    4月10日(木曜日)
    (0)SFC-SFSの紹介
    (1)1990年に設置された「環境情報学部」の始まりから、現在、未来にむけて、「環境情報学の創造」について議論する。

    #2 SFC概論
    4月17日(木曜日)
    第2世代教員と第3世代教員による、SFC概論

    #3 先端研究プロジェクトの紹介(1)
    4月24日(木曜日)
    CI/EG

    #4 先端研究プロジェクトの紹介(2)
    5月1日(木曜日)
    CB/BI

    #5 先端研究プロジェクトの紹介(3)
    5月8日(木曜日)
    XD/HC

    #6 先端研究プロジェクトの紹介(4)
    5月15日(木曜日)
    EG/CI

    #7 休講
    5月22日(木曜日)
    6月21日の特別講義をもって補講とする。

    #8 先端研究プロジェクトの紹介(5)
    5月29日(木曜日)
    BI/CB

    #9 先端研究プロジェクトの紹介(6)
    6月5日(木曜日)
    XD/CB

    #10 先端研究プロジェクトの紹介(7)
    6月12日(木曜日)
    CI/XD

    #11 先端研究プロジェクトの紹介(8)
    6月19日(木曜日)
    HC/EG

    #12 総合政策とのコラボレーション
    6月26日(木曜日)
    GR/PS

    #13 SFCの過去・現在・未来
    6月28日(土曜日)(7月3日分の補講日)
    加藤・相磯両SFC初代学部長による特別講義

    #14 たこあげ大会
    5月17日(土曜日)
    地元の方たちとのコラボレーション

    #15 特別講演
    6月21日(土曜日)
    特別ゲストによる講義


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    出席点+課題点の合計により成績評価を行う


5. Special Note

    先端研究プロジェクトの紹介(1)
    (1)「ユビキタスコンピューティング&ネットワーキングプロジェクト」
    高度な情報社会(ユビキタスネットワーク社会)の実現にむけて研究開発している最先端のユビキタス技術に関して紹介する。
    (2)「スポーツ工学プロジェクト」
    スポーツは今や工学を抜きにしては語れない。競技スポーツのパフォーマンスを最大限にするための工学的な取り組みや、安全・安心を約束するスポーツ工学についての話題を紹介する
    (2) TBA


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    「SFC総合講座B」「プロジェクト総合講座B」*これらの科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。


9. Course URL


2008-03-21 10:06:10.276566


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について