KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


THEORY OF GLOBAL ENVIRONMENT TECHNOLOGY (Hiroshi Shimizu

    Semester : 2008 Fall
    Code : 65130 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    地球環境問題、特に、地球温暖化を焦点に、その原因、影響、対策に関して、技術的な観点から論じる。本講義では、まず温暖化の原因を理解する。その上で、その影響の大きさを実感として捕らえる。さらに、この問題をいかに解決するかについて、主に、技術的な観点から検討を行う。


2. Materials/Reading List

    「不都合な真実」アル ゴア著 ランダムハウス講談社
    「温暖化防止のために一科学者からアルゴア氏への提言」清水浩著
    ランダムハウス講談社


3. SCHEDULE

    #1 イントロダクション
    不都合な真実にどう答えるか

    #2 温暖化の原因
    温暖化はなぜ起こるのかの説明

    #3 温暖化の影響
    温暖化による多くの影響を系統的に説明する

    #4 温室効果ガスの排出構造
    温室効果ガスはどこから出ているかを詳しく検討する

    #5 温暖化対策の評価基準
    温暖化の対策野選択のしかたについて論じる

    #6 エネルギーを作る
    温室効果ガスを排出しないエネルギーを考える

    #7 エネルギーを貯める
    温室効果ガスを排出しないエネルギーをいかに貯めるかについて考える

    #8 交通機関の温暖化対策を考える
    大量に温室効果ガスを排出している交通機関の排出削減を考える

    #9 家庭に入り始めた省エネ技術
    家庭で使うエネルギーを減らすための技術について論じる

    #10 温暖化対策を進める
    温暖化対策が進まない原因を考えその進め方を論じる

    #11 二酸化炭素の処理技術
    二酸化炭素を貯留する技術について論じる

    #12 エコハウスを考える
    省エネ住宅を中心に、温室効果ガスの削減を考える

    #13 講義のまとめ
    温暖化対策の方向性を示す


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    成績は、2つのレポート、⊇仞覆派床舛垢
    レポートは、第一課題として、授業で出てきた10のキーワードを300字±10字で説明する。
    第二課題として、「温暖化の対策を実現する方法を考案する」
    提出日、その他の注意は授業の中で行う


5. Special Note

    -


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2008-08-29 14:25:53.126994


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について