KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


方法論探究 (深谷 昌弘井庭 崇熊坂 賢次

    2008年度秋学期 火曜日2時限
    科目コード: 20070 / 2単位
    カテゴリ: 13.創造融発科目(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

     実践知の学問・総合政策学の新しい研究方法・手法を開発する営みがSFCキャンパス内外で展開されつつある。ここでは、そのような試みを行っているSFCの3人の研究者、井庭崇、熊坂賢次、深谷昌弘がそれぞれ自らの方法論探究を展開するとともに、各自の構想に関連する学内外のゲスト研究者を、それぞれ1〜2名招き、チャレンジの内容と心意気を語ってもらう。
    また、毎回、3人の担当者およびその都度のゲストを交えたトーク・セッションを行い、諸君らにも議論に加わってもらう。
     SFCは政策COEなどを通じてSFC・総合政策学を実践知の学問として性格づけるとともに、それに相応しい新しい政策研究の方法・手法を開発してきた。また、キャンパス外にもこの方向に響き合う幾つかの試みがなされつつある。こうした挑戦的試みに接し、共に議論することで、実践知の学問・総合政策学をさらに発展させる方略を探り、諸君と教員が協働してSFCを総合政策学の共創の場とすることが本コースの狙いである。
     学問を新しく共創することは、総合政策学部だけでなく環境情報学部や看護医療学部を含めたSFCキャンパス全体の使命でもある。その意味で、総合政策学部生だけでなく、SFC生全体にとっても示唆・刺激に富んだコースとなるように本コースを進めていきたい。
     


2. 教材・参考文献

    その都度必要な資料をCNSを介して閲覧できるようにする。


3. 授業計画

    第1回 コース・オリエンテーション
    狙い・コース内容概略・履修容量の説明に続いて3人の担当者が抱負を語る。

    第2回 井庭崇が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    マス目に色を埋めていき、画像を作成する「ドット絵」について考え、実践する。マス目にズームインした視点と、画像全体にズームアウトした視点との「複眼思考」を味わってほしい。

    第3回 井庭崇が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    複雑な現象を「モデルをつくって動かして理解する」という「モデリング・シミュレーション」のアプローチについて紹介する。また、創造や実践のノウハウをどのように共有・継承していくための「パターン・ランゲージ」の方法を紹介する。

    第4回 井庭崇が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    複雑な社会を読み解き、未来をデザインしていくための知と方法について、ゲストスピーカー対談を行う(2コマ連続補講として行う予定)。

    第5回 井庭崇が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    複雑な社会を読み解き、未来をデザインしていくための知と方法について、ゲストスピーカー対談を行う(2コマ連続補講として行う予定)。

    第6回 熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    過去を振り返って、自分の研究スタイルを考えてみる。ここにどのような方法と手法があったのか、を反省してみる。

    第7回 熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    受講してみる学生のみなさんと、何かのテーマを一緒になって考えるとき、どのような方法と手法があるか、を検討してみる。

    第8回 熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    現在、どのような方法と手法で、社会の分析や解釈をしているか、を考える。

    第9回 熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    現在、どのような方法と手法で、社会の分析や解釈をしているか、を考える。

    第10回 深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    ゲスト:菊地進一(SFC・環境情報学部)
    「脳科学から見た人工知能と人間の知性」
    創造性を含む開かれた不確定性をもち、しかも、デタラメではないプロセスが人間の実践知の大きな特徴である。SFCの気鋭の若き脳科学者が人間の知性に切り込む。

    第11回 深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    SFC発:Web社会調査レポート・プロジェクトの紹介およびその方法論的ブレークスルーについて

    第12回 深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    大量テクストデータから人々の人々の意味世界を読み解く意味空間分析法およびテクスト意味解釈支援システム・TextImi

    第13回 深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法
    実践知の学問・SFC総合政策学とSFC生まれの新学問・ソシオセマンティクス
      &
    コース総括


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    3人の構想およびゲストについて課題レポートを提出してもらう。
    レポートおよび出席状況を基本として評価を行う。


5. 履修上の注意・その他

    本講義で行うのは、SFCで行われている研究分野の単なる紹介ではない。社会という複雑な存在を理解するための「方法」について議論し、ともに探究していくためのきっかけを提供することにある。1年生から4年生までの多くの人たちがこの授業から刺激を受け、各自の研究・活動のさらなる飛躍につなげていってもらえればと思う(このことこそが創造融発科目の役割)。

    なお、ゲストスピーカーとの調整の関係で日程が変更になることがある。特に今期は、井庭担当の後半2回分において、SFC創設について中心的役割を果たされた高橋潤二郎先生をお招きしてSFCの学問・方法について熱い議論を展開したいと考えている。この実現のため2周連続で土曜日補講日をあてることになるでろう。それにともない、コース後半の日程が組み替えになることをあらかじめ承知しておいてほしい。日程修正は教室およびSFSの授業ページ上で通知する。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2008-09-04 17:09:20.228382


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について