KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


EXPLORING POLICY MANAGEMENT (Naoyuki Agawa,Jiro Kokuryo,Yuichiro Shimizu

    Semester : 2009 Spring
    Code : 01001 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

     総合政策学はSFCで生まれた、新しい学問・研究のあり方、方法論です。それはただ大学や研究所にこもって行う学問ではなく、21世紀に世界が直面する重要な問題の「発見」と「解決」を目指す、「実践知」の試みでもあります。
     本講義の目的は、履修者である諸君が、「実践知」としてのSFC総合政策学について知り、その最前線に触れる機会を提供することです。より具体的には、以下の3つを目指します。

    (1)本塾の創立者福沢諭吉が、青年時代大阪に出、緒方洪庵の「適塾」で学んだ、その学習・教育・研究体験を振り返り、福沢がこの体験を踏まえ1858年に慶應義塾を開いた思想、いわば総合政策学の原点を探る。

    (2)福沢の思想を受け継いだ人々が、慶應義塾創立から約130年後、どのようにして新しいキャンパスであるSFCと双子の学部創設を実現させたか。総合政策学という、学問への新しい取り組み方についての構想はどのようにして誕生し、それを実現するためにどんな工夫がなされたのか。福沢が唱えた「実学」や「半学半教」といった理念を、現在の視点で見直し実践する、「未来からの留学生」による「自我作古」の試みが始まった経緯を、見直す。

    (3)開設からまもなく20周年を迎えるSFCで、いまどんな教育と研究がなされているのか。SFCの教員や研究者、あるいは研究会の学生が、いかにフィールドワークなどの現場体験を通じて「実践知」に迫り、最新情報ネットワークや分析・解析ツールを使いこなし、異分野間の研究融合を実現しているか。慶應義塾そのものの「先導者」たらんとしているSFCのさらなる未来について、夢を共有する。

     履修者は、本講義を通じて、SFCの教員・研究者・学生が情熱をもって取り組んでいるさまざまな教育・研究、実践の試みに、まず興味を抱き、総合政策学部の全体像をつかんでください。そして本学部の構成員が共有する理念をくみ取ってください。自分自身がこれからSFCで何をしたいのか。自分自身にとって取り組むべき「問題」は何か。「問題」を発見したら、その「解決」のために必要な「知」は何なのか。先ずは自らの総合政策学を、自分の力で発見すること。本講座を履修するにあたっては、そこから出発してほしいと願います。


2. Materials/Reading List

    孫福・小島・熊坂『未来を創る大学』(慶應義塾大学出版会、2004年)
    福澤諭吉『学問のすゝめ』(岩波文庫)

    <中間課題(ブックレポート)文献>
     初回講義で提示の上、SFC-SFS課題欄に掲示する。

    <各回にかかわるもの>
     各回ごとに提示する。

    <その他参考となる文献>
     岡部・金子・梅垣・香川編『総合政策学の最先端』全4巻(慶應義塾大学出版会、2003年)
     大江・岡部・梅垣編『総合政策学』(慶應義塾大学出版会、2006年)


3. SCHEDULE

    #1 「ガイダンス」(國領二郎、坂明、清水唯一朗)
     本講義の目的と全体像、授業方法、課題、授業ルールの説明、講師、TA、SAの紹介をする。政策コーカスについても説明を行い、立候補を受け付ける。

    #2 「動く(1)―体感から創造する」(阿川尚之、國領二郎、東海林祐子、清水唯一朗)
     ものごとは考えてばかりは変えることはできない。頭で考えるだけではなく、体を動かしながら考えることが、よりよい創造には欠かすことができない。よって、第2回は教室に止まることなく、SFC全体を体感するプログラムを提供し、自らの今後4年間をより具体的にイメージし、今後の創造に繋げる機会を提供する。

    #3 「考える(1)」(國領二郎・研究会OBOG・研究会学生)
     第3回以降、数回にわたって、SFC教員がどのようにして問題を「発見」し、その「解決」をめざして、現在の専門分野で研究を行いはじめたかを語る。第2回は、SFC教員とその指導を受けた門下生を招く。また現役学生が、それぞれの研究会について、教員の人柄や学問について説明する。

    #4 「考える(2)」(阿川尚之、徳田英幸、金子郁容、村井純、国領二郎)
     第4回は、SFCの両学部長、研究科委員長、常任理事、研究所長が一同に会して、SFCで学ぶことの意味、可能性について語り合う。

    #5 「動く(2)―書くことの意味」(阿川尚之)
     創造をするなかで、軽視されがちでありながら、実際には大きな意味を持ってくるのが「書く」という営みである。第5回は「書く」ということにこだわってきた学部長が、自らその意味を考え、論じる。

    #6 「考える(3)」(金子郁容・研究会学生)
     第3回に引き続き、SFCの教員と卒業生が、現在の研究をはじめたきっかけ、SFCで教えること、学ぶこと、特定教員の研究会で、研究をすることについて、語る。

    #7 「動く(3)―コーカス討論」(コーカス候補者、ブレーン、上級生リーダー、履修者)
     SFCのあり方、過ごし方について、まもなく導入されるハウス構想を題材にコーカスを行う。第7回は、候補者・ブレーンが上級生、履修者を相手に討論を行う。この回は議論の充実を図るため、複数のグループに分割して行う。

    #8 「動く(4)―コーカス演説・投票」(コーカス候補者、ブレーン、履修者)
     第7回の議論、キャンパス内での選挙活動を元に、コーカス候補者が演説、質疑を行い、投票を行い、コーカス全般について学部長が講評を行う。

    #9 「広げる(1)―SFCにおける『政策』」(曽根泰教、印南一路、上山信一、阿川尚之、國領二郎)
     総合政策学部では、いうまでもなく「政策」が研究・教育における大きな軸となっている。これまでSFCは「政策」にどう取り組んできたのか、これから、諸君とどのような「政策」の取り組みを行っていこうと考えているのか。これまでとこれからの「SFCにおける『政策』」を考え続ける教員が一同に会し、議論する。この回はパネル・ディスカッションの形式で行う。

    #10 「広げる(2)―SFCにおける『言語』」(田中茂徳、古石篤子、金子郁容、國領二郎)
     もうひとつ、広義での「言語」も総合政策学部・SFCにおける研究・教育の大きな軸である。SFCにおける「言語」への取り組みのこれまでとこれからを、「SFCにおける『言語』」を考え続けてきた教員が議論する。この回もパネル・ディスカッションの形式で行う。

    #11 「広げる(3)―人を看る、人から見る」(濱田庸子、森さち子、看護医療学部教員、研究会学生)
     動く、考える、広げると見てきた時、体と頭に加えて、もうひとつ、心についても理解を深める必要があることに気づくだろう。第11回は、SFCでメンタルの面から人を考えること、人を看ることに取り組んできた教員と、同じキャンパスにあり、人の生死を看てきた看護医療学部の教員が、人を看て、人から考えることについて論じる。

    #12 「広げる(4)―藤沢の丘から世界へ」(平高史也、各言語担当教員)
     SFCにおいて語学教育をてがける教員は、単に語学を教えるにとどまらず、言語を世界への窓として用い、フランス、ドイツ、中国やインドネシア、シリア、さらに地元藤沢で語学を通じて考え、表現している。語学は思考の母であり、表現の父である。容器であり、道具である。第12回では、そうした教員や学生の実践活動について、それを通じて得られた研究成果について、研究会の学生とともに語る。

    #13 「君たちは、何を学び、どう生きるか―次世代の描くSFC」(阿川尚之、國領二郎、総合政策学部・環境情報学部若手教員)」
     SFCには、30代なかばの若手教員が多く在籍し、学生諸君と数多くの研究成果を挙げている。彼ら彼女らは今のSFCをどう見ているのか、これからどのように展開していこうと考えているのか。夢と理想に溢れた若手教員が、阿川、国領両教授とSFCの未来像を語りあい、何を学び、何をしたいのか。君たちは、これからどう生きていくのかを考える材料を提供する。

    (注)以上はあくまで予定であって、ゲスト教員の顔ぶれ、講義日などは、変更の可能性があるので、注意すること。


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

     成績評価は出席回数、課題の提出、授業への参加にもとづいて行ないます。 講義の具体的な進め方と合わせ、詳しくは初回に説明します。


5. Special Note

     講義を円滑に進めるために必要なマナーを守ること。なお、本講義では講義中のPC利用は禁止とする。


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    なし


8. Relation with past courses

    「SFC総合講座A」「プロジェクト総合講座A」*これらの科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。


9. Course URL


2009-03-23 17:14:18.202803


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について