KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


DESIGN AND IMPLEMENTATION OF SYSTEM SOFTWARE (Rodney D. Van Meter

    Semester : 2009 Spring
    Code : 60730 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    コンカレンシーと待ち時間の管理は現代のオペレーティング・システム (OS)の特徴である。この授業では、それをテーマとしてコンピューターの運転を探査する。基本のシステムサービスとハイレテンシー(磁気ディスクI/O,ネットワークなど)の影響と相互作用を調べます。
    --------
    Concurrency and latency tolerance are the hallmarks of modern computing. In this class, these themes will be used to explore the operation of a computer, focusing on the interaction of basic services and high-latency services such as disk and network input/output.

    The lectures for this class will be in Japanese, but non-Japanese-speaking students are encouraged to join. Adequate materials to learn the topic and complete the assignments will be available in English.


2. Materials/Reading List


    モダンオペレーティングシステム


    原著第 2 版

    アンドリュー・S・タネンバウム=著

    水野忠則,太田剛,最所圭三,福田晃,吉澤康

    文=訳

    ピアソン・エデュケーション

    ISBN4-89471-537-6


    Modern Operating Systems, 2nd edition

    Andrew S. Tanenbaum

    Pearson Education

    ISBN-13: 978-0130313584

    ISBN-10: 0130313580


3. SCHEDULE

    #1 OSの歴史と基本概念 OS History and Basic Principles



    #2 システムコール System Calls

    #3 プロセスとスレッド Processes and Threads

    #4 プロセス間通信 Inter-process Communication

    #5 プロセススケジューリング Process Scheduling

    #6 メモリ管理と仮想記憶 Memory Management and Virtual Memory

    #7 ページ置換アルゴリズム Page Replacement Algorithms

    #8 ネットワーク&セキュリティ Networking & Security

    #9 ファイルシステム File Systems

    #10 ファイル・システムの実装 File System Implementations

    #11 入出力 Input/Output Systems

    #12 ハイパーバイザー Hypervisors

    #13 OS事例研究 Operating Systems Research


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    授業のパーティシペーション

    毎週の宿題

    学期末のプロジェクト(2ー3人のグループは可能)

    Class participation

    Weekly homework

    Term project (2-3 person group possible)


5. Special Note

    -


6. Prerequisit / Related courses

    プログラミングの経験は必要です!C言語のほうは希望なんですが、アプリケーションのレベルのメモリ管理とポインターがわかれば大丈夫です。


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    「システム・ソフトウェア」*この科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。


9. Course URL


2009-03-11 12:24:50.73376


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について