KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


AUTONOMOUS DECENTRALIZED COOPERATIVE SYSTEMS (Hideyuki Tokuda,Osamu Nakamura

    Semester : 2010 Spring
    Code : 60800 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    社会、組織や情報環境において、分散された自律系を主体としたシステム構築が 進んできている。本講義では、このような自律分散システムが、個々の構成要素の自律性と、それらの要素間での協調を基に全体として、機能、性能、信頼性を 向上していくシステムの概念、技術、方法、そして、その意味について学習する。


2. Materials/Reading List

    必要な資料は、授業の際に提供する予定である。総論的な資料の参考としては次のものがある。
    • 「自律分散システム研究の課題と将来」 伊藤正美, 計測と制御, vol.32, no. 10, 1993.
    また、工学的システムおよび情報システムに関する参考文献としては、次のようなものがある。
    • Proceedings of the International Symposium on Autonomous Decentralized Systems, IEEE Computer Society Press, 1993.
    • Distributed Systems, 2nd Ed., S. Mullender (Ed), Addison-Wesley, 1993.
    • 協調型計算システム -- 分散型ソフトウェアの技法と道具立て --, R.E. フィルマン/D.P. フィルマン共著, 雨宮真人/尾内理紀夫/高橋道久共訳, マグロウヒル, 1986.
    • 分散アルゴリズム, 亀田/山下共著, 近代科学社, 1992.
    • 協調プログラミング例題集, 中島/松原/本位田編, 共立出版, 1996.
    • エージェント指向コンピューティング -- エージェントの基礎と応用 --, 木下/菅原共著, ソフトリサーチセンター, 1995.
    • Artificial Intelligence: A Modern Approach, S. Russell and P. Norvig, Prentice Hall, 1995.
    • 知の創発―ロボットは知恵を獲得できるか, 伊藤宏司, NTT出版, 2000.
    • Peer-to-Peer : Harnessing the Power of Disruptive Technologies, Andy Oram (Editor), O’Reilly & Associates, 2001.




3. SCHEDULE

    #1 自律分散協調システム とは?
    ○概説 - 事始め -
    ○自律分散協調システム
    概論(1) -- 生物学的システム、工学的システム
    概論(2) -- 社会学的モデル、社会システム

    #2 情報システムにおける自律分散協調モデル
    自律分散協調のメカニズム
    創発のメカニズム
    評価と分析

    #3 分散コンピューティングのパラダイム(1)
    分散コンピューティング
    ネットワーク
    プロトコル

    #4 分散コンピューティングのパラダイム(2)
    並行オブジェクトモデル
    クライアント・サーバモデル
    分散・マルチエージェントモデル
    P2Pモデル

    #5 自律分散協調アルゴリズム(1)

    #6 自律分散協調アルゴリズム(2)

    #7 インターネットにおける自律分散協調(1)

    #8 インターネットにおける自律分散協調(2)

    #9 インターネットにおける自律分散協調(3)

    #10 自律分散協調システムの実践(1)

    #11 自律分散協調システムの実践(2)

    #12 自律分散協調システムの実践(3)

    #13 まとめ


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    課題と学期末レポート


5. Special Note

    -


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    「自律分散協調論」*この科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。


9. Course URL


2010-03-16 16:32:28.891737


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について