KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


環境ビジネスデザイン論 (吉高 まり丹治 三則松尾 直樹

    2010年度秋学期 月曜日5時限
    科目コード: 64320 / 2単位
    カテゴリ: 3.プログラム科目(大学院)


1. 主題と目標/授業の手法など

    主題と目標:持続可能な社会の構築に向けたビジネスのあり方について基本的な視点を獲得する。
    授業の手法:講義を中心にケーススタディ、ディスカッションを取り入れる。また、低炭素に関わるビジネスアイデアについてプレゼンテーションを行い、その講評を得ることによりスキルの向上をはかる。


2. 教材・参考文献

    ・ 栗山浩一,馬奈木俊介,環境経済学をつかむ,2008年,有斐閣
    ・ Herman E. Daly, Joshua Farley, Ecological Economics, Principles and applications, Island Press
    ・ 天野明弘,地球温暖化の経済学 1997年,日本経済新聞社
    ・ IPCC第三次報告書、第四次報告書
    ・黒木亮、「排出権商人」、藤井良弘、「金融で解く地球環境」


3. 授業計画

    第1回 イントロダクション
    授業概念、第2回以降の授業予定、日本の環境・公害問題の経験と教訓

    第2回 国内外における政策動向と低炭素ビジネス
    日本及び世界の政策動向、低炭素ビジネスの可能性とインパクトの大きな政策オプション

    第3回 環境価値評価の基礎
    カーボンストックを含む生態系サービスの価値とHuman-well Beingへの価値づけについて解説する。

    第4回 環境価値づけのための社会制度
    ケーススタディで、環境価値と実際に支払われる価値の相違について解説し、環境ビジネスにおいて環境資源を保全しつつ価値を生み出すための着眼点を解説する。

    第5回 地球温暖化対策ビジネスの全般的な動向・課題
    ビジネス環境の変化としての視点。
    新しいニーズはどのようなものが産まれるか?
    新しい付加価値とはどのようなものがありうるか?

    第6回 排出権市場の構成とプレーヤー
    排出権の市場とはどういったものか?
    主要プレーヤーの振るまいとその背景となる状況。
    地球温暖化対策としての視点。
    市場は今後どう発展するか?

    第7回 ボランタリー市場・グリーン電力他
    ボランタリーな排出権市場の認識、
    カーボンオフセットの意味、
    グリーン電力の捉え方、現状のCDMの課題とボランタリー市場の関係

    第8回 CDM:仕組と関係者の役割
    クリーン開発メカニズムとは?
    投資の仕組みおよび関係者
    相乗便益(コベネフィット)効果分析
    市場としての今後の展望

    第9回 低炭素社会開発とソーシャルビジネス
    コベネフィット型低炭素開発事業とビジネスとしての論点
    低炭素社会と企業変革
    ソーシャルビジネスと環境ビジネス

    第10回 カーボンクレジットと低炭素技術の海外ビジネス
    CDMとポスト京都における新メカニズムの動向
    海外における低炭素ビジネスの可能性

    第11回 環境金融について
    環境金融一般、金融機関は環境ビジネスにどう関わるか?

    第12回 海外取組事例研究
    アジアを中心とした取組み事例
    COPの成果及びその影響
    プレゼンテーションと講評

    第13回 プレゼンテーションと講評
    プレゼンテーションと講評


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    第1回〜4回、第5回〜第7回のそれぞれ毎に課題を提出。学期末に最終課題を提出。最終回のプレゼンも含め、それらの結果を総合的に評価する。


5. 履修上の注意・その他

    講義は原則として英語の予定であるが、履修生の状況に応じて対応する。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2010-08-30 11:29:00.738138


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について