KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


世界のなかの日本としてのIT政策と技術 (村井 純佐藤 雅明竹井 淳

    2010年度春学期 火曜日4時限
    科目コード: 90521 / 2単位
    カテゴリ: 26.特設科目(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

    本授業では、現代社会のさまざまな課題についてIT技術政策とその他の政策(教育、医療、プライバシーなど)の観点から、課題の認識を行い、その解決に向けた方策についての説明と議論を行う。
    扱うテーマは日本が現在抱える課題としさらに国際的に日本が世界に対して先駆者として手本を示せる分野を想定する。授業においては実際に問題解決に向けたアプローチを行っている人間とのディスカッションを通し、現実社会における問題発見・解決に対する考え方や、グローバルコンセンサス形成のための知識獲得を目指す。なお、授業は英語で行われ、国外からのゲストを迎えての講義も行う予定である。


    ---
    In this lecture, we will focus on "how to apply IT technology in the social infrastructure: Japan and Global environment". At first, we will select several areas that the IT technology would help improving, and then discuss the approach in Japan, global directions, and how Japan could show the role model. We will also survey other activities that Japan usually doesn’t pay attention.

    The selected areas of the discussions are: 1) contents policy, 2) privacy, 3) health care, and 4) education. We will discuss how IT technology can support those areas to improve our quality of life. Usually those sectors have strict regulations, and they have established process to protect users in many countries including Japan. But sometimes those mechanisms don’t protect the users but old ecosystem. Applying IT technology into the sectors may cause a conflict and it makes change slower. By finding a way to solve the situation in those areas, Japan can show a role model to the world. Taking account the above issues, lecturers will lead discussions on how Japan can contribute to the rest of the world including Asia, Africa, and others. By taking this class, students are expected to understand the position of Japan in the global IT environment and skills to make a constructive proposal internationally. We also expect that the next generation leader will appear to create the future society.


2. 教材・参考文献

    教科書は特に用意しないが、課題を進める上で必要となる参考文献や資料等はSFC-SFS等の授業ページで適宜紹介する。

    ---
    No specific textbook will be used. Reference information or other material will be provided if needed.


3. 授業計画

    第1回 イントロダクション
    ・社会基盤としてのインターネット
    ・日本におけるインターネット基盤の発展と他国との比較
    ・IT基盤はいかに社会を支えるか
    ・本講義の進め方

    #1 introduction
    The internet as social infrastructure
    The internet infrastructure: Japan and other contries
    How IT infrastructure supports society
    Overview of the lecture

    第2回 問題把握
    ・社会を支えることを期待されるIT
    ・過去の制度との衝突
    ・日本および国外における課題

    #2 issues when applying IT technology
    IT that is expected to improve society
    Conflict with old system
    Issues in Japan and other countries

    第3回 デジタルコンテンツ1
    ・著作権法の起源と1990年までの争点
    ・デジタル化とアナログ代の溝
    ・ネットワーク時代に広がる更なる溝

    #3 Digital contents (1)
    The origin of copy right
    Discussion points till 1990s (before digital age)
    Difference between analog and digital contents
    Expanding gap in the Internet age

    第4回 デジタルコンテンツ2
    ・日本におけるデジタルコンテンツの議論の流れ
    ・Copy once,からダビング10,
    ・DTCPとダビング10

    #4 Digital contents (2)
    Digital contents discussion in Japan
    Copy once to dubbing 10
    DTCP and dubbing 10

    第5回 デジタルコンテンツ3
    ・世界の著作権保護の流れ
    ・世界の流れと日本
    ・日本は手本となれるのか

    #5 Digital contents (3)
    Copy rights in other country
    Diference between Japan and global strategy
    How can be a role model

    第6回 ITとプライバシー1
    ・プライバシーとは
    ・OECD原則
    ・日本、アメリカ、ヨーロッパそれぞれの実装

    #6 Privacy and IT (1)
    What is privacy?
    OECD principle
    Implimentation in Japan, US and EU

    第7回 ITとプライバシー2
    ・次世代のユーザーへの教育の重要性:10代へのアドバイス
    ・日本における青少年対策
    ・国外における青少年対策

    #7 Privacy and IT (2)
    Importance of education: advice to teenage
    Action in Japan for teenager
    Action in other countries for teenager

    第8回 ITとプライバシー3
    ・地域ごとのプライバシーに対するとらえ方の差の認識
    ・日本のアジアにおける立場の認識
    ・国外における青少年対策
    ・プライバシーとセキィリティに対する取り組みの重要性の議論

    #8 Privacy and IT (3)
    ・Understanding of the difference by culture and region
    ・Japanese position in Asia in privacy measure
    ・Overall discussion about privacy and security

    第9回 教育とIT 1
    ・教育現場におけるITの利用の促進の壁(日本)
    ・日本の制度に関わる問題の把握
    ・あるべき姿の考察
    ・次世代にむけた体制と制度

    #9 Educations and IT(1)
    Difficulties applying IT in Japanese Education environment
    Issues in Japan and causes
    The goal and the path
    Formation and policy for next generation

    第10回 教育とIT2
    ・途上国におけるIT教育とそのニーズ
    ・日本に期待されるITを活用した教育支援

    #10 Education and IT (2)
    How IT can support developing country education
    How can Japan support it.

    第11回 医療とIT
    ・医療現場におけるITの利用の促進の壁(日本)
    ・日本の制度に関わる問題の把握
    ・あるべき姿の考察
    ・次世代にむけた体制と制度

    #11 Health care and IT(1)
    Difficulties applying IT in Japanese health care
    Issues in Japan and causes
    The goal and the path
    Formation and policy for next generation

    第12回 医療とIT2
    ・世界全体における課題の把握
    ・他国における医療とITの融合への取り組み
    ・日本が進むべき道筋

    #12 Health care and IT(2)
    Understanding the issues in the global point of view
    Case studies in other countries
    Finding right direction for Japan

    第13回 まとめ
    ・本講義の総括
    ・社会をささえるIT技術という視点から政策の理解
    ・世界に示す日本の先導的立場の確立のための提言

    #13 Conclusion
    Wrap up the course
    Understanding the importance of the IT measure in the global society
    Discuss how to contribute worldwide society and show role model.


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    成績は、原則的に講義で出す課題、議論への貢献度で評価する。

    ---
    Grading will be based on homeworks and class participation.


5. 履修上の注意・その他

    なし


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2010-03-10 16:48:26.865356


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について