KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


グローバルサイエンスとイノベーション (黒川 清

    2010年度秋学期 水曜日2時限
    科目コード: 90528 / 2単位
    カテゴリ: 26.特設科目(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

    Discuss and learn why Innovation, and what globalization means, and how to create, find, and develop solutions to problems in the increasingly global world we live in.

    The course consists of a series of guest lectures who are prominent experts in their field as well as panel discussions; during each session, students participation in discussion and Q/A is highly encouraged. Furthermore, to be environmentally conscious, this class will be as paperless as possible and coordinated on WordPress to facilitate open discussion and online debate.

    Format:
    • 10 min. – Class, Speaker intro
    • 30 min. – Speaker
    • 30 min. – Q&A by students
    • 10 min. – Dr. Kurokawa interaction
    • 10 min. – Close, next class prep


2. 教材・参考文献

    世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ [単行本]
    黒川 清, 石倉 洋子
    東洋経済新報社 (2006/05), ISBN-10: 4492555595, ISBN-13: 978-4492555590


3. 授業計画

    第1回 Dr. Kurokawa opening talks

    第2回 Class logistics, coordination and organization on the use of WordPress system for discussion Week.

    第3回 Guest Spearkers (Mr. Kazuhiko Toyama)

    第4回 Guest Spearkers (Mr. Kohei Nishiyama)

    第5回 Guest Spearkers (Dr. Mario Tokoro)

    第6回 Guest Spearkers (Mr. Ryoji Noritake)

    第7回 Guest Spearkers (TBA)

    第8回 Guest Spearkers (TBA)

    第9回 Guest Spearkers (TBA)

    第10回 Guest Spearkers (TBA)

    第11回 Guest Spearkers (TBA)

    第12回 Student presentations, discussion, debate Week

    第13回 Dr. Kurokawa closing


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    講義中の質疑応答やプレゼンテーション、Twitter や授業ページにおけるオンラインでの発言などのインタラクション活動を重視し、学期末に最終レポート課題 (A4 で 2枚以上、主題は講義内でアナウンス) を提出して頂く。

    成績の評価基準は、原則的に議論への貢献度を 7 割、最終レポートを 3 割として評価する。


5. 履修上の注意・その他

    なし


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2010-08-28 17:18:31.040644


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について