KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


環境情報学の創造 (村井 純大前 学筧 康明田中 浩也丹治 三則中澤 仁

    2011年度秋学期 木曜日1時限
    科目コード: 01002 / 2単位
    カテゴリ: 2.総合講座科目(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

    ****English version uploaded on September 22nd****

    環境情報系(環境デザイン、人間環境科学、先端生命科学、先端情報システム、先端領域デザイン)の各領域における問題発見・解決のパラダイムについて学習する。講義は4つの演習と最終プレゼンテーションから構成される。
     演習では、どの研究プロジェクトでも共通に求められる「物を作る能力」「そのための仕組みや構造を考える能力」の獲得を目指す。これからの社会で求められる能力は、書籍からの受け売りの知識や言葉遊びではなく、身体を通して思考し、問題を発見・解決していく能力である。
     すなわち、この講義では、演習を通じて、「創造」を自らの手で実現するための基礎的なトレニーングを積むことを主眼とする。そして、受講生自身が手を動かして成し得た経験とそれに伴う知識を獲得することで、経験に基づかない概念のむなしさを知るとともに、物を作ることの喜びを感じてもらうことを主眼に置いている。環境情報学部生としての今後の4年間で何を学ぶべきかを考える際の土台となる意識を醸成する。

    In this course students will learn environment and information studies (Environmental Design, Human and Environmental Studies, Advanced Information System, Apical Region Design). Classes consist of four exercises and final presentation.
    In exercises, we aim to get ability which is necessary in every research project :ability to create things, and devise mechanism to do it. In the near future, ability to find and solve problems is needed in society, not knowledge from books or a simple play of words.
    In this course, we are focusing on training of creation by students. By acquiring skills with student’s hands, students will learn emptiness of concept which is not based on experience and joy of making things. Students will develop the foundation of consciousness what to learn as a student of environment and information studies.


2. 教材・参考文献


3. 授業計画

    第1回 イントロダクション Introduction
    ・環境情報学部と総合政策学部のミッションと今後のビジョンを共有する。
    ・本講義のスケジュール、評価基準等について説明する。


    :Share the future vision and missions of "Faculty of Environment and
    Information Studies" and "Faculty of Policy Management".
    :Schedule of this class and how to evaluate your grades.

    第2回 学習パターンワークショップ Learning Pattern Workshop
    ワークショップを通じて、SFCでの学びの方法を体得する


    Understand how to "Learn" in SFC through this workshop

    第3回 デジタルファブリケーションの演習1 Practice: Digital Fabrication 1
    レーザーカッターで照明とランプシェードを作る
    ・3Dデータと2Dデータを作成する
    ・Google Sketch Up, AutoDesk 123D, InkScapeの紹介、ソフトの使い方を覚
    える
    ・FabLabModel Makerの紹介、ソフトの使い方を覚える
    ・展開図と組立図

    Create a lamp and its lampshade using a laser cutter.
    :Create a 3D data and 2D data.
    :Introduce and understand how to use softwares such as Google Sketch
    Up, AutoDesk 123D and InkScape.
    :Introduce and understand how to use FabLabModel Maker.
    :Expansion plan and Assembly drawing.

    第4回 デジタルファブリケーションの演習2 Practice: Digital Fabrication 2
    レーザーカッターで照明とランプシェードを作る
    ・さまざまな素材と設定の比較
    ・アセンブリ
    ・照明効果の確認

    Create a lamp and its lampshade using a laser cutter.
    :Compare many kinds of materials and settings.
    :Assembly.
    :Confirm its light effect.

    第5回 地球環境とテクノロジーの演習1 Practice: Global Environment and Technology 1
    気候変動問題を解決する適正技術・ローカルテクノロジーを構想する
    ・スマートグリッド等のハイエンド技術から、地域環境に適合した適正技術
    や各地域に根付いた伝統的ローカルテクノロジーまで地球環境問題の解決に
    資する技術の概念を学ぶ。
    ・グループに分かれ将来の環境制約(エネルギー制約、水資源制約等)を想
    定し、その条件下で求められる技術を構想する。

    Find out a solution and its appropriate technology of the climate
    change issues.
    :Learn the concept of the technology which can be a solution of the
    global environment from high-end technology such as smart grid to
    local technology which fits to its community.
    :Count off into groups and make the concept of the technology which
    can use under the environment constraint condition such as energy
    and water resource constraint.

    第6回 伊藤譲一氏講演 Presentation by Joi Ito
    マサチューセッツ工科大学メディアラボ所長 伊藤穰一氏による講演

    Presentation by Joichi Ito (Director of MIT Media Lab)

    第7回 地球環境とテクノロジーの演習2 Exercise on Earth Environment and Technologies (2)
    気候変動問題を解決する適正技術・ローカルテクノロジー構想コンテスト
    ・構想した技術についてグループでプレゼンテーションを実施する。

    Contest on thinking about technologies to solve global climate
    changes.
    * Class will be divided in to groups and will be asked to do a
    presentation based on the technology they have thought about

    第8回 情報とメディアの演習1 Exercise on Information and Media (1)
    情報の生産と流通
     情報は、単にWordやExcelなどのオフィスアプリケーションで編集したりイ
    ンターネットからダウンロードしたりするものにとどまらない。それは持つ
    ものから持たざるものへと流れようとするもので、かつ生産と流通を 経て
    消費者へ届く財でもある。情報と、その流通を支える色々な仕組みについて
    考える。

    Producing and Distributing Information
    *Information isn’t just about editing files using office
    applications such as Microsoft Word and Excel and/or downloading
    them. It is about producing and distributing them from the person
    who has the information to the person who wants the information. We
    will think about the ways information is distributed to people.

    第9回 総合政策学を考える Thinking about Policy Management
    ・政策コーカス討論会

    Debate on policy ”caucus”

    第10回 情報とメディアの演習2、総合政策学を考える2(総合政策学の創造との合同授業) Exercise on Information and Media (2), Thinking about Policy Management (2)
    コンシューマジェネレーテッドメディアコンテスト
     消費者自身が生産した情報を第三者が集め、加工し、再び消費者へ流通さ
    せる情報を、「コンシューマジェネレーテッドメディア」と呼ぶ。グループ
    ごとにコンシューマジェネレーテッドメディアの新しい分野を開拓するアイ
    デアを構築し、その収益性を競う。

    Contest on Consumer Generated Media
    * ”Consumer Generated Media” is a group of information which is
    produced by a consumer which is then collected and edited by a
    third-party. Class will be divided in to groups. Each group will
    debate on ideas on new types of ”Consumer Generated Media”.

    第11回 メディアデザインの演習1 Exercise on Media Design (1)
    3D映像を作る
    ・目の仕組みを学ぶ
    ・既存の3Dディスプレイの仕組みを学ぶ
    ・アナグリフ用メガネを自作する
    ・立体画像を作成する

    Making 3D Videos
    * Learning about how eyes work
    * Learning about how current 3D Displays work
    * Making glasses for anaglyph images
    * Making 3D images

    第12回 メディアデザインの演習2 Exercise on Media Design (2)
    3D映像を作る
    ・3D映像コンテンツを作成する
    ・適した3D映像提示手法の提案
    ・3D映像コンテスト

    Making 3D Videos
    * Making 3D Video Contents
    * Proposing a proper way of showing 3D Videos
    * 3D Video Contest

    第13回 実空間のインタラクションの演習1 Exercise on Real-World Interaction (1)
    2足歩行ロボットを用い実空間での物理運動の制御について学ぶ
    ・ロボットを動かしてみる
    ・ロボットのモーションを作る

    Learning about controlling objects in real-world using biped walking
    robot.
    * Moving the robot
    * Making a motion for the robot

    第14回 実空間のインタラクションの演習2 Exercise on Real-World Interaction (2)
    2足歩行ロボットを用い実空間での物理運動の制御について学ぶ
    ・ロボットによる格闘、障害物競争、パフォーマンスコンテスト

    Learning about controlling objects in real-world using biped walking
    robot.
    * Using the robot to fight, steeple race using robots, performance
    contest

    第15回 まとめ Summary


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    5回の演習とレポート提出、毎回の出席で評価します

    Grades will be calculated by attendance, commitment to group assignments and reports.


5. 履修上の注意・その他

    なし


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    「SFC総合講座B」「プロジェクト総合講座B」*これらの科目を進級、卒業あるいは修了に関わる科目の単位として修得済みの学生は、自由科目としての履修のみ可能。


9. 授業URL


2011-09-22 09:27:52.946275


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について