KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


INTERNET SECURITY ARCHITECTURE (Jun Murai,Yasuo Sakamoto,Masaaki Sato,Keiji Takeda

    Semester : 2016 Fall
    Code : X1023 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    本授業では、現在の情報システムに対する脅威を明らかにし、個人、社会、組織でのセキュリティ対策について議論する。現在の情報システムは、目的、対象、実現方法、ステークホルダがシステム毎に異なっている。そのため、単純なセキュリティ対策では、さまざまなリスクに適切に対応することは難しい。インターネット時代のセキュリティ管理では、ステークホルダ、サービス、システム毎の特徴やリスクを網羅的に分析し、コストと利便性のトレードオフなどを考慮した上で包括的な対策が実行されることが望まれる。本授業では、テーマ毎にセキュリティ問題を多面的に分析し、望まれるセキュリティ対策について議論する。各学生が主体的に考えられるように、授業ではディスカッションを重視して行う。したがって、学生諸君が積極的に議論に参加することを履修条件とする。テーマ毎に読んでおくべき文献・資料を指示する場合があるので、事前に読んでから参加すること。 シラバスの内容は履修者の興味の対象や時事の問題によって、変更が生じる可能性がある。

    This lecture analyzes threats against current information systems and discusses security countermeasures performed in the society or in an organization. The purpose, target, realization method, and stakeholder are different for each in the current information systems. A simple security countermeasure, therefore, cannot properly cope with prevalent risks. The desired security countermeasure includes analysis of stakeholders, services, systems' features, and trade-off considerations between cost and convenience. Furthermore, these should be done properly and timely. In fact, it is necessary to understand security concepts and problems as well as taking proper measures against problems for each systems.  
    In this lecture, we will analyze security problems of each topic from many perspectives and discuss the preferred security countermeasures. Our lectures emphasize on group discussions to actively involve students. Thus, student participation in the discussions is a requirement. Also, students will be assigned with documents to read beforehand for each topic. Students are expected to read the assigned documents before attending each lecture.  The contents of the syllabus are subject to change depending on the students' interests and current events.


2. Materials/Reading List

    履修に必要な教科書は特になし。 参考書については講義内で必要に応じて紹介する。

    No required textbook. We introduce reference arbitrarily in the class.


3. SCHEDULE

    #1 Introduction
    授業の概要を説明し、各教員から授業に対するメッセージを伝える。
    In the beginning of the lecture, teachers will give opening remarks.

    #2 サイバーセキュリティ概論  Outline of Cyber Security
    授業で取り扱うサイバーセキュリティの概要、最新の動向、課題や問題点等を述べ、インターネットに必要なサイバーセキュリティについて議論する。
    Introduced outline, technology trend and incident of cyber security.
    Also, We analysis security problems from many perspectives and discuss the preferred security countermeasures.

    #3 サイバーセキュリティ(1) ストラテジー Cyber Security(1): Strategy
    現在のインターネットにおけるセキュリティ問題を取り上げ、社会や組織における対応手法について述べる。また、グローバルシステムとしてのインターネットとそのセキュリティの管理、国家と社会について議論する。
    We deal with security issues in the current Internet technology and explain countermeasures used in society and organization. We also discuss basic strategy of cyber security that is the Internet as Global System.

    #4 サイバーセキュリティ(2) アーキテクチャ Cyber Security(2): Architecture
    現状のサイバーセキュリティに関する構造や仕組みについて述べ、問題解決のための技術や規範・ルール策定について解説を行う。
    An architecture of current cyber security and protection methods would be discussed. We also discuss how to coordinate the basic rules, methods, and principles.

    #5 デジタルコンテンツとプライバシ Digital Contents and Privacy
    デジタルコンテンツの管理とその関連技術、セキュリティに関する課題を取り扱う。また、インターネットの時代の個人情報の取り扱いや情報の転送の際に生じるリスク, および集約された情報の管理や国際的な取扱いに関する課題を取り扱う。
    Management of digital contents, technologies for contents management and security issues on digital content would be discussed. Also, the handling of personal information, particularly, the risks arising from transferring personal information across nations, as well as policy issues will be discussed in this lecture.

    #6 Web とセキュリティ Web technologies and security
    現在のインターネットを支えるWebに関連するセキュリティの課題、関連技術等について議論する。
    We will discuss Web technologies, protocols and operation methods for Secure-WEB in this lecture.

    #7 学生発表 コンテンツとセキュリティ  Contents and Privacy
    グループワークの課題に対する報告を行い、教員、学生と共に議論する。テーマはコンテンツセキュリティとする。
    Teams report and discuss their assignment. Topic is “digital contents and security”.

    #8 IoTとビッグデータ  IoT and Big data
    ビッグデータの活用例として、センサデータ(IoT)の活用事例を挙げ、そこに潜む個人情報やプライバシ、セキュリティに関する問題や課題について議論する。
    We discuss utilization of big data and related issues on personal data and privacy and discuss on political situation of personal data. In this lecture, Threat and risk analysis of big data from sensors (Internet of things: IoT) will be discussed.

    #9 デジタルファブリケーションとセキュリティ  Digital fabrication and security
    デジタルファブリケーション及び関連するセキュリティの課題、関連技術等について議論する。
    Introduced technology on digital fabrication and related security issues.

    #10 人工知能とセキュリティ  Artificial Intelligent, technology singularity and security
    ビッグデータの活用などで技術革新が進む人工知能やディープラーニング等について述べ、そこに潜む個人情報やプライバシ、セキュリティに関する問題や課題、および技術的特異点(シンギュラリティ)について議論する。
    We discuss utilization of big data and related issues on personal data and privacy and discuss on political situation of personal data. In this lecture, Threat and risk analysis of big data for deep learning and technology singularity of intelligence will be discussed.

    #11 新興サービスとセキュリティ  Emerging Services and Security
    ITS(Intelligent Transport Systems)や医療、農業等、近年よりサイバースペースと密接な関わりが生じているサービスやビジネス分野について述べ、それらについてのプライバシ、セキュリティに関する問題や課題について議論する。

    We deal with some emerging services in cyber space (ITS, Healthcare, Agriculture…), and discuss threat and risk analysis of these activities.
    Also, the handling of personal information, as well as security issues will be discussed in this lecture.

    #12 サイバーセキュリティとガバナンス  Cyber security and governance
    ガバナンスの形成とセキュリティを考える事例として、国際的なイベントにおけるセキュリティに関する問題や課題、あるいはその解決方法について議論する。また、グローバルシステムとしてのインターネットとそのセキュリティの管理、国家と社会、国際条約等のあり方について議論する。

    We discuss governance for global/cross-border security, international harmonization and cooperation. In this lecture, Threat and risk analysis of a world wide event (ex. Olympic game 2020) will be discussed. We also discuss governance of the Internet as Global System and their Security, Role of Nation, Society and International treaty etc.

    #13 最終発表(1) Final Presentation(1)
    グループワークの最終発表を行う。

    Final presentation of the group work will be held.

    #14 最終発表(2) Final Presentation(2)
    グループワークの最終発表を行う。また、第14回は、本授業の総括を行う。

    Final presentation of the group work will be held. In this last lecture, we will sum up all the topics undergone.


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    成績評価は授業中に課される課題の提出、および発表内容を基準に行う。ただし、授業中に行う議論での発言や本授業の価値向上に貢献する活動については、これを大きく評価する。

    Overall scoring will consist of reports or assignments, class participation, and group assignment report. The active participation in discussions and the contribution of ideas to increase the value of the lectures will be highly evaluated.



5. Special Note

    インターネットの基本的構造、アーキテクチャについての基本的な理解を持っていることが望まれる。講義「インターネット」、「ネットワークアーキテクチャ」「インターネットオペレーション」などを履修済みであるか、同等の知識があれば履修を認める。

    It would be better for participants to have a basic knowledge on computer network architecture and communication protocols. Participants should have taken the following lectures: 1. “Internet”, 2. “Network Architecture”, 3. “Internet Operation”, or participants should have equivalent knowledge.


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2016-08-30 18:17:42.521817


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について