KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


電池社会 (堀江 英明

    2016年度秋学期 木曜日5時限
    科目コード: X1016 / 2単位
    カテゴリ: 11.特設科目(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

    電気は貯められないことを前提に今までシステムは構築されてきましたが、高性能電池の出現により、広汎なシステムで電気エネルギーは貯められることが可能となりつつあります。また同時に、数十年かけて飛躍的に高度化した情報技術と、(無数の電池と結合することで、多彩なコントロールの自由度を得ることになった)既存の電力エネルギー網が、電子を介して統合されることで、高度情報・エネルギーネットワークが生み出されることになります。人類が初めて手にするこの無限とも思われる可能性は、我々の生活にどのような大きなインパクト与え、地域・社会を含めた全く新しい人工物の概念を生み出し、21世紀以降の社会(『電池社会』)を形作ってゆくことになるのでしょうか。この世界的にみても急激な変化の時代にあって、想像(構想)力を駆使し多彩な行動力と組み合わせることで自ら独創的な提案を生み出し推進する、このような視点/マインドに関しても同時に考えてゆけるならと念じています。/授業は講義形式で行います。


2. 教材・参考文献

    堀江英明(編著),リチウムイオン電池 =基礎と応用=, 培風館, 2010


3. 授業計画

    第1回 電池とは何か(概論1)
    本講義の主旨と目指すもの、電池の社会に対して果たす役割、どのような応用がこれから考えられるか?

    第2回 電池の諸特性を学ぶ(概論2)
    身の回りの電池をみてみよう、電池の基本原理

    第3回 高性能環境車両と電池の役割
    自動車のエネルギー効率、エネルギー効率向上の原理、電池の価値の見方

    第4回 EVシステムデザイン
    EVの設計超入門、エネルギー量と走行距離、よりエネルギーを搭載するためのEV用電池の特性

    第5回 HEVシステムデザイン
    HEV車両の設計超入門、出力密度と車両性能の関係、高出力型HEV用電池のデザイン

    第6回 プラグインHEVシステム
    プラグインHEVの設計超入門、エネルギーと出力を共に満たす電池、熱設計の必要性

    第7回 更なる応用
    環境車両以外の移動体、ロボット、飛翔体

    第8回 電池の高性能化技術 I 電池の高エネルギー化
    エネルギーを多く貯めるための基礎、電池材料とエネルギー量

    第9回 電池の高性能化技術 II 電池の高出力化
    出力密度とは何か?  輸送論から見た出力、出力密度を向上させるための技術

    第10回 リニューワブルエネルギーシステム I 風力発電との結合
    風力発電の特性、変動に応じたコントロールの考え方

    第11回 リニューワブルエネルギーシステム II 太陽電池との結合
    太陽電池発電の特性、電池容量と全体システムの考え方

    第12回 家庭での利用
    家庭内でのエネルギー利用と蓄電システムの概念、エネルギー利用の変動と緩和

    第13回 地域での利用
    システムサイズとエネルギー変動、エネルギーネットワークによる変動緩和、地域社会でのエネルギー利用と蓄電システムの概念

    第14回 情報とエネルギーネットワーク:まとめ
    エネルギーと情報、電池を軸としたエネルギーコントロールシステム


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    学期末でのレポート提出


5. 履修上の注意・その他

    (成績評価は、期末のレポート提出で行いますが)、よりインタラクティブにしたり、講義の進め方の参考にさせて戴くために、幾つかの講義の終わり部分で、小マークシート用紙への、講義内容に関する簡単な感想やお考え(数行レベル)の記入をお願いするかもしれません。ご理解を戴ければと思います。


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2016-07-25 23:06:14.329259


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について