KGC


慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
授業概要(シラバス)


デザインリサーチ (水野 大二郎

    2017年度秋学期 月曜日2時限
    科目コード: B6109 / 2単位
    カテゴリ: 8.基盤科目-共通科目(学部)


1. 主題と目標/授業の手法など

    主題と目標
    1)デザインリサーチで使うリサーチツールの設計について学ぶ
    2)デザインリサーチ後「インスピレーション」を「情報」に変換する設計について学ぶ
    3)現実の社会における多様な利害関係者らに、リサーチ結果の「部分と全体」両方を届けられるように デリバラブルを設計する

    ! 学習効果を高めるべく 仮想プロジェクトを設定し、みなさんにデザインリサーチを実践してもらいます。


2. 教材・参考文献

    長谷川敦士 (監修), 武山政直 (監修), 渡邉康太郎 (監修), 郷司陽子 (翻訳) THIS IS SERVICE DESIGN THINKING 領域横断的アプローチによるビジネスモデルの設計 ビー・エヌ・エヌ新社 (2013/7/25) ISBN-10: 4861008522 ISBN-13: 978-4861008528


3. 授業計画

    第1回 授業概要の紹介 何のためのリサーチか? 何を調べるのか? 何を設計するのか?
    ー観察と定着、分析と統合、リサーチを設計することとは
    ーデリバラブルの設計と5w1hの設計について

    第2回 デザインリサーチ、デザイン・エスノグラフィ、インクルーシブデザインについて
    ーユーザ巻き込み型のデザインリサーチについて

    第3回 プロジェクトについてのアイディエーション
    ー自分の体験と他人の経験を「いけにえ」にして、アイデアをみつける

    第4回 観察と参与01
    ーインタビュー、カメラ・ジャーナル・シャドーイングなど

    第5回 デブリーフィング01
    ー得られた情報とリサーチメソッドを比較しつつディスカッション

    第6回 観察と参与02
    ーデザイン・ドキュメンタリーとその手法など

    第7回 デブリーフィング02
    ー得られた情報とリサーチメソッドを比較しつつディスカッション

    第8回 遠隔リサーチ
    ーカルチュラル・プローブを設計する

    第9回 デブリーフィング03
    ー得られた情報とリサーチメソッドを比較しつつディスカッション

    第10回 情報に変換する
    ーステークホルダー・マッピング、カスタマー・ジャーニー、ペルソナ作成など

    第11回 デブリーフィング04
    ー得られた情報とリサーチメソッドを比較しつつディスカッション

    第12回 デリバラブルとしてのグラフィックデザイン:ポスター、マップ
    ーダイアグラムおよびポスターをデザインし、多様な利害関係者に包括的なリサーチ結果を
    分割しても届けられるようにする

    第13回 プレゼンテーション01
    ーリサーチを通して得られた知見をまとめる

    第14回 プレゼンテーション02
    ーリサーチを通して得られた知見をまとめる


4. 提出課題・試験・成績評価の方法など

    全講義への出席 60%
    課題提出・発表 40%


5. 履修上の注意・その他

    なし


6. 前提科目

    なし


7. 履修条件

    なし


8. 旧科目との関係

    なし


9. 授業URL


2017-01-21 11:03:31.246489


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について