KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


LANGUAGE AND HUMANITY (Takahiro Kunieda

    Semester : 2019 Fall
    Code : C1108 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    主題;喪失と表現
    内容:
     私たちの人生は、何かを得てゆく過程であると同時に、絶えず何かを失う過程であると捉えることができる。愛する人の死のように私たちの大きく揺るがす出来事もあれば、老いをむかえるにつれ、体力や記憶が弱くなるといった自分自身の中の喪失もある。希望や情熱といった精神的なものの喪失もある。また震災のような突然の、不慮の死もある。
     しかし私たちはどれだけこの絶対的事実を意識しているだろうか。私たちはそうした体験を得て初めて喪失に気づくのではないだろうか。さらにはたとえ体験しても、その体験の意味を私たちはどこまで考えているだろうか。大概は借り物のことばで済ませて、自らその意味を深く考えることもなく、日常をやり過ごしていないだろうか。
     この授業では、芸術体験を、そうした自動的に流れていく時間意識に抗し、生を新たな様相で捉える機会と考える。芸術は、私たちの生きる日常は、実は「こうでもありえる」と可能態として提示する行為であるとここでは定義する。具体的には喪失を喚起する機能を持つ芸術作品を取り上げて、その意義について考察する。
     もちろん、大きな疑問も同時に起こってくる。文学や芸術という「作品」に、「現実」そのものを表現する力は備わっているのだろうか。ことばや絵画は、喪失という私たちにとって過酷な現実を前に、力が及ばないのではないか。あるいは逆に芸術こそが、私たちを幻想へと誘い込み現実を見る目を曇らせてしまうのではないか。こうした疑問を持ちながらも、「芸術にできること」を深く考察してゆきたい。


2. Materials/Reading List

    授業中に案内する。


3. SCHEDULE

    #1 【塾内限定公開】イントロダクション
    この授業の方法・目的・鍵となる概念などについて説明をする。

    #2 【塾内限定公開】理論編1:記号論と表象
    この授業を進めるにあたって必要な、文学的、言語学的概念を整理する。第1
    回目は記号論という分析手法について。

    #3 【塾内限定公開】理論編2:コミュニケーションと表現
    この授業を進めるにあたって必要な、文学的、言語学的概念を整理する。第2
    回目はコミュニケーションと表現について。

    #4 【塾内限定公開】理論編3:物語り行為と表現
    この授業を進めるにあたって必要な、文学的、言語学的概念を整理する。第3
    回目は物語り論という人文学の理論について。

    #5 【塾内限定公開】理論編3:物語り行為と表現(2)
    前回の物語論の続き。理論的にはアリストテレス、ポール・リクールを扱う。

    #6 【塾内限定公開】フロイト「喪とメランコリー」
    喪に関する基本的文献「喪とメランコリー」を読み、考察を行う。

    #7 【塾内限定公開】フロイト「喪とメランコリー」と3つの批判的考察
    フロイト「喪とメランコリー」への3つの批判的考察を通して、喪の作業の意
    味を芸術の次元において捉え返しをはかる。

    #8 【塾内限定公開】喪失と表現の考察
    戦争、紛争など死にとりまかれるこの時代を現代芸術はどのように表象してい
    るか。またその表象のもたらす意味は何か。芸術の社会性という観点から、複
    数の作品を扱い、喪の表象の可能性について考察する。

    #9 【塾内限定公開】手記を書くことの意味 『3.11.慟哭の記録』を読む
    3.11を中心として、震災という出来事をもとに生まれてきた芸術作品における
    表現を考える。

    #10 【塾内限定公開】手記を書くことの意味 『3.11.慟哭の記録』を読む+原爆の表象(1)
    3.11を中心として、震災という出来事をもとに生まれてきた芸術作品における
    表現を考える。

    #11 【塾内限定公開】原爆の表象(2)体験者がいなくなる時代に私たちは何を残すのか?

    #12 【塾内限定公開】表現者は何をどのように表現したか?(1)-原爆・戦争-
    表現者はある災厄があったときに、それをなぜ表現しようとするのか、そしてどのように表現しようとするのかについて考察する。(1)は原爆と戦争。

    #13 【塾内限定公開】表現者は何をどのように表現したか?(2)-東日本大震災-
    表現者はある災厄があったときに、それをなぜ表現しようとするのか、そしてどのように表現しようとするのかについて考察する。(2)は東日本大震災。

    #14 【塾内限定公開】危機の時代と想像力
     現実の危機、災厄にたいして、文学的言語は意味をもつのか。大江健三郎の
    論に依拠して、災厄の時代における人間の批判的想像力の役割について考え
    る。


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    1) 授業感想レポート(10回):20点
    毎回の授業時に授業の感想を書く。
    2) 授業ミニレポート(3回): 30点
    授業感想レポートを発展させる形でミニレポートを書く(いつの授業の感想にするかは自分で決める)
    2) 中間レポート:20点
    2000字以上のレポート
    3) 最終レポート:30点
    4000字程度のレポート


5. Special Note

    -


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2019-07-24 11:31:13.257928


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について