KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


CORPORATE CHALLENGES IN THE 21ST CENTURY (Taro Ozawa

    Semester : 2019 Fall
    Code : X1008 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    本科目は、一般財団法人 経済広報センターによる教育支援活動の一環として開設された企業人派遣講座である。この講座は学部学生に対して実社会への窓口となり、学生諸君が自分の将来を考える上で注目度の高い講座となっている。

    ところで、ブロードバンド時代到来の下での情報通信産業の発展並びに産業全般のIT化の進展は、21世紀の経済面での我が国の国際競争力をかなりの程度決定付けると考えられる。今年度もブロードバンド時代のビジネス戦略に直接携わられ、実践されてこられた方々を講師としてお迎えし、最先端の実務の現状並びに解決すべき課題を分かり易く講義して頂く事とした。


2. Materials/Reading List

    講義の全内容を包括的に説明する様な便利なものはない。


3. SCHEDULE

    #1 「21世紀の企業の挑戦」とは
    一般財団法人 経済広報センター 常務理事・国内広報部長
    佐桑 徹氏
    総合政策学部 教授
    小澤 太郎

    #2 SFC発講演機Ь霾鹹命産業の全体像と競争・連携の構図
    (株)情報通信総合研究所:法制度研究部 主席研究員
    神野 新氏

    #3 SFC発講演供Щ碍曽影發ら、ときめこう。
    YAMAGATA DESIGN(株):代表取締役
    山中 大介氏

    #4 SFC発講演掘Дャッシュレス決済:裏側の仕組み、プラットフォーム競争、ミクロ経済学の視点
    日本銀行:決済機構局審議役 FinTechセンター長
    副島 豊氏

    #5 SFC発講演検中小企業は知恵の経営
    (株)日本政策金融公庫:総合研究所中小企業研究第一グループ グループリーダー
    藤井 辰紀氏

    #6 広島市立大発講演機Д宗璽轡礇襯咼献優垢悗亮菫箸
    (株)コトブキソリューション:企画室室長
    宮本 幸治氏

    #7 同志社大発講演機Д機璽咼攻箸ら製造業への変革。その先に見るエレベーター学校の設立!
    京都エレベータ(株):代表取締役
    田中 陽一氏

    #8 広島市立大発講演供Д┘優灰爐IoT事業戦略 〜Industry Inovationを広島から!〜
    (株)エネルギア・コミュニケーションズ:ソリューション営業本部ソリューションサービス部 IoTソリューションリーム マネージャー
    増田 剛洋氏

    #9 同志社大発講演供Х糞い稜箸飽み込まれない強い中小企業を目指して(仮題)
    (株)エージェンシーアシスト:代表取締役副社長
    増井 祐介氏

    #10 SFC発講演后Д錙璽ライフチョイスを推進する日本マイクロソフトの働き方改革(仮題)
    日本マイクロソフト(株):エグゼクティブアドバイザー
    小柳津 篤氏

    #11 SFC発講演此ODA(政府開発援助)を活用した、中小企業の海外事業戦略とトルコにおける事例
    フジイコーポレーション(株):代表取締役
    藤井 大介氏

    #12 SFC発講演察ЮこΔ了唆畔儚廚肇汽ぅ弌璽札ュリティ(仮題)
    富士通(株):サイバーセキュリティ事業戦略本部 Planning Director
    池田 尚義氏

    #13 SFC発講演次日本人1,000万人を英語が話せるようにする。
    (株)レアジョブ:代表取締役社長
    中村 岳氏

    #14 総括
    小澤 太郎


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    講演内容に関する設問に答える形式のレポート(回数は未定)を提出してもらい、その結果により評価を定める事を基本とする。また、授業の出席をとる(回数は未定)予定であるので、出席状況についても若干配慮したい。またその際、「慶應義塾大学答案シート」を使用し、その回の講演の簡単な感想を書いてもらう事を考えている。


5. Special Note

    外部講師の方々にSFCに対して良い印象を持って頂けるよう、協力をお願いしたい(特に、「私語」及び「食事」は厳禁とする)。また、同志社大学及び広島市立大学等と遠隔授業を行うので、この点についても協力をお願いしたい。不正レポートについては、厳正に対処するので注意されたい。悪質なものは大学に報告するので、期末試験の不正行為と同等の処罰が下る場合も十分考えられる。


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2019-07-20 06:27:40.154931


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について