KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


MANGA (Jun Murai,Fumitoshi Kato,Masaaki Sato

    Semester : 2019 Spring
    Code : X1063 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    本講義の受講者は、技術史のみならず社会・文化的なアプローチもふくめ、「マンガ」に関わる体系的な知識を獲得することができる。また、国際的な文脈において日本固有の状況を理解し、来たるべき時代の「マンガ」について考える機会になる。受講者は、学期の授業を通して、「マンガ」を具体的な「入り口」としながら、メディアやコミュニケーションに関わる諸課題に対して具体的な提案ができる知識とヴィジョンの獲得を目指す。


2. Materials/Reading List

    必要に応じて、開講時に指定します。


3. SCHEDULE

    #1 イントロダクション
    本講義のねらい
    すすめ方、スケジュール、課題等について

    #2 マンガの歴史
    マンガの歴史、フォーマットの変容、漫画家の生態

    #3 海外のマンガ

    #4 マンガ製作と現場
    作業工程の変容、組織とチームワーク

    #5 ゲストスピーカーによる講義

    #6 マンガとビジネス

    #7 マンガとストーリー

    #8 【非公開】ゲストスピーカーによる講義
    マンガづくりの現場から:現状と課題、ヴィジョン

    #9 ゲストスピーカーによる講義
    読者層、複合的なメディア展開、販売と流通、プラットフォーム

    #10 中間プレゼンテーション
    課題についてグループごとに中間プレゼンテーションを行う

    #11 マンガの技術的課題
    アニメにおける表現・スクロール、アプリ、流通・複製の仕組み

    #12 マンガと文化
    ビジュアル・コミュニケーション、文脈に応じた改変、教育・学習的側面

    #13 ゲストスピーカーによる講義
    マンガづくりの現場から:現状と課題、ヴィジョン

    #14 最終プレゼンテーション
    課題についてグループごとに最終報告を行う


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    出席、ディスカッションへの参加、グループワーク、プレゼンテーション等で評価します。


5. Special Note

    ・可能であれば、マンガづくりの現場へのエクスカーション(課外)を企画したい。
    ・講義の進捗状況、ゲスト講師の日程調整等の都合で、シラバスの内容を変更することがあります。


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    -


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2019-03-06 09:19:54.110169


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について