KGC


Keio University Shonan Fujisawa Campus
Course Summary (Syllabus)


DATA SOCIETY AND BUSINESS MODEL (Hiroya Tanaka

    Semester : 2019 Fall
    Code : X1077 / 2 Credits


1. Objectives/Teaching method

    本講義は、株式会社ディー・ティー・ピーによる寄附講座として開講される。

    医療、農業、林業、交通、EC(電子商取引)、観光など、さまざまな分野で、われわれの日常の行動がデジタル化され、そこから生み出されたデジタルデータの取得・解析・結合・交換が新たな価値を生み出し、革新的なサービスに結実する「データ社会」がすでにはじまっている。しかし「データ」は本質的に不可視であり、知識とスキルがなければ実感をもって掴むことができない。


    SFCのデータサイエンス科目は「データ社会」に向き合うための基本的なスキルを提供しているはずである。

    本講義ではさらに、「データ」社会における、デザイン的なものの見方、デザイン的な価値づけ、そしてビジネスモデルを構築する力を養うまでの橋渡しを狙うものである。
    (逆に言えば、「データ社会」において、デザインエンジニアリングは何が可能かという問いを問うものでもある)。

    講義では、「データ社会」に関する基本的な知識を、法律・経済・技術・農業などの各専門家より教授してもらい、そのうえで、データ社会における、デザイン工学(ソフトウェアおよびハードウェア)とサービスデザインの役割・位置づけを考える。

    さらにそのうえで、従来は「価値」と思われていなかった部分に光を当て、新たな「価値」を創出するアイディアづくりを行う。

    最終的には各自がビジネスプレゼンテーション資料を提出し、その未来像を探る。


2. Materials/Reading List

    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/ai_network/index.html
    (担当教員である田中浩也が委員を務めている総務省AIネットワーク推進会議の報告書群)


3. SCHEDULE

    #1 データ社会の基本的構成(1)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:國領 二郎、安宅 和人)

    #2 データ社会の基本的構成(2)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:工学の専門家)

    #3 データ社会の基本的構成(3)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:法律の専門家)

    #4 データ社会の基本的構成(4)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:政治の専門家)

    #5 データ社会の基本的構成(5)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:農業の専門家)

    #6 データ社会におけるデザインエンジニアの役割(1)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:データビジュアライゼーションとソフトウェアの専門家)

    #7 データ社会におけるデザインエンジニアの役割(2)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:ハードウェアとデザイン工学の専門家)

    #8 データ社会におけるデザインエンジニアの役割(3)
    データ社会の捉え方についてゲストとともに議論する(ゲスト予定:都市デザインの専門家)

    #9 データ社会とビジネスモデル(1)
    サービスデザインの知見に基づいてビジネスモデルの構成方法について議論する。

    #10 データ社会とビジネスモデル(2)
    サービスデザインの知見に基づいてビジネスモデルの構成方法について議論する。

    #11 データ社会とビジネスモデル(3)
    サービスデザインの知見に基づいてビジネスモデルの構成方法について議論する。

    #12 データ社会とビジネスモデル(4)
    サービスデザインの知見に基づいてビジネスモデルの構成方法について議論する。

    #13 最終発表会
    履修者の案を講評し、全体をまとめる。

    #14 データ社会と文化・批評
    最後に、文化的・批評的側面から、現在のデータ社会を俯瞰的に捉える議論をゲストとともに行う。


4. Assignments/Examination/Grad Eval.

    毎回の授業の出席
    最終課題(美しいスライド10枚によるビジネスプレゼンテーション資料)


5. Special Note

    遅刻入室を禁じます。

    ゲストの都合により、回の順番は前後する可能性があります。

    授業後半にはブロックチェーンを用いた演習を予定しています。この演習では、個人情報の取り扱いに関して、承諾が必要となる可能性があります。特別な規約を承認した者のみを履修可とする予定です。内容の詳細については、初回授業において詳細を直接説明します。

    この理由より、

    (1)初回授業の説明が何よりも大切です。したがって、初回に欠席した者の履修は認められません。
    (2)初回授業で詳細の説明を聞き、その内容に承諾した者のみが履修可能となります。

    システム上は履修制限をしないため、登録はできてしまいますが、
    初回授業において承諾を認めた者のみが実質的な登録者(成績が与えられる者)になりますので注意してください。

    それ以外にも、「遅刻しないで毎回出席すること」を条件とします。


6. Prerequisit / Related courses

    -


7. Conditions to take this course

    授業後半にはブロックチェーンを用いた演習を予定しています。この演習では、個人情報の取り扱いに関して、承諾が必要となる可能性があります。特別な規約を承認した者のみを履修可とする予定です。内容の詳細については、初回授業において詳細を直接説明します。 この理由より、 (1)初回授業の説明が何よりも大切です。したがって、初回に欠席した者の履修は認められません。 (2)初回授業で詳細の説明を聞き、その内容に承諾した者のみが履修可能となります。 システム上は履修制限をしないため、登録はできてしまいますが、 初回授業において承諾を認めた者のみが実質的な登録者(成績が与えられる者)になりますので注意してください。 それ以外にも、「遅刻しないで毎回出席すること」を条件とします。


8. Relation with past courses

    -


9. Course URL


2019-08-05 23:26:19.632117


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について