KGC


[ English ]
国際法制論

お知らせ


科目名国際法制論 [ シラバス ]
http://www.sfc.keio.ac.jp/~aosets

 グローバル・ガバナンスの観点から国際法制度を考察する。具体的には以下の項目について検討する。1.国際ルールの成立過程 2.国家、国際組織とその他の法主体の機能と国家管轄権の調整、3.国際レジームの機能とその国内履行、4.私法統一の可能性(UNIDROITを題材に)
「国際法制論」は平常点(出席と討論への参加)とレポートにより評価を行う。


担当者 青木 節子
授業期間2004年秋学期 火曜日3時限
授業レベル 大学院
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2004/09/28 宇宙法入門
- 講義資料(PDF)


第02回2004/10/05 宇宙法入門(2)


第03回2004/10/12 宇宙法入門(3)
- 講義資料(PDF)


第04回2004/10/19 宇宙利用における自由と公平
- 講義資料(PDF)


第05回2004/10/26 宇宙資産議定書と国際宇宙公法の履行
- 講義資料(PDF)


第06回2004/11/02 国際組織、個人と国際宇宙法制
- 講義資料(PDF)


第07回2004/11/09 打上げ射場整備およびロケット打上げについて
- 講義資料(PDF)


第08回2004/11/16 ヒューマン・セキュリティー、国際法と国際法制論
- 講義資料(PDF)


第09回2004/11/30 国際法制と国内法政策
- 講義資料(PDF)


第10回2004/12/07 衛星通信における自由と公平
- 講義資料(PDF)


第11回2004/12/14 ペーパー衛星問題・武器としての衛星
- 講義資料(PDF)


第12回2004/12/21 多目的の宇宙貿易協定の破綻「武器」としての衛星
- 講義資料(PDF)


第13回2005/01/18 国際宇宙法制度の今後
- 講義資料(PDF)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について