KGC


[ English ]
デザイン言語基礎論

お知らせ 【補講】2005/01/20(木)1・2限に補講を行います。


科目名デザイン言語基礎論 [ シラバス ]


本講義では「身体性と情報デザイン」と題して、インタラクションを考える上で必須である「身体からのデザイン」と「情報デザイン」についてワークショッ プを行います。「身体からのデザイン」では、「身体を持つ動物としての人間」に着目し、認知言語学で用いられているイメージスキーマ表記法について学び ます。ここでは、我々がモノゴトを理解するとはどのようなことであるのかを身体性というキーワードを通して追求します。この内容をもとに、「情報デザイ ン」では、 膨大な情報を人間に分かりやすく伝えるデザイン、通常は知覚できない要素に気付かせるデザインについてワークショップを行います。


担当者 脇田 玲
授業期間2004年秋学期 月曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2004/09/27 イントロダクション
- 講義資料(PDF)


第02回2004/10/04 デザインの基礎言語
- 講義資料(PDF)


第03回2004/10/18 ユビキタスコンピューティングと21世紀のデザイン
- 講義資料(PDF)


第04回2004/10/25 情報をデザインする
- 講義資料(PDF)


第05回2004/11/01 (早慶戦のため休講)インタラクションデザイン方法論

第06回2004/11/08 概念モデルとシステムデザイン - ユーザとデザイナーのギャップを埋める
- 講義資料(PDF)


第07回2004/11/15 インタラクションデザインの方法論
- 講義資料(PDF)


第08回2004/11/29 アフォーダンス
- 講義資料(PDF)


第09回2004/12/06 イメージとマテリアル
- 講義資料(PDF)


第10回2004/12/13 イメージスキーマ
- 講義資料(PDF)


第11回2004/12/20 テクノロジー
- 講義資料(PDF)


第12回2005/01/11 Coupling - 身体化のためのテクノロジーの積み木
- 講義資料(PDF)


第13回2005/01/20 最終発表



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について