KGC


[ English ]
インターネットの進化と可能性

お知らせ


科目名インターネットの進化と可能性 [ シラバス ]
http://www.soi.wide.ad.jp/

デジタル通信技術の発展および普及により、インターネットは日常生活の様々
なコミュニケーションに必要不可欠なものとなった。4年前まで個人を対象とし
たインターネットへの接続サービスは電話を用いたダイアルアップが一般的であっ
たが、現在はFTTHなどの広帯域データリンクを用いたサービスが始まり、広帯域
常時接続環境が容易に利用可能となった。
 この環境の変化からVoIP(Voice over IP)などのインターネットを基盤とした
リッチメディアコミュニケーションツールが普及しつつある。この数年間で通信
基盤とその上で用いられるコミュニケーションツールの立場は逆転し、インター
ネットを通信基盤とした多種多様なコミュニケーションツールが登場・普及しは
じめた。
 本講義では、VoIPをはじめとしたリッチメディアによるインタラクティブコミ
ュニケーションの進化と現状を、技術面、社会面、文化面、から分析し、次世代
の方向性と社会への影響について議論する。
 本講義は、履修者による発表及び講義参加者によるディスカッションを中心に
進行する。3回ごとに1つのテーマを扱い、そのうち2回はディスカッションする
ために必要な前提知識を講義し、1回はそのテーマにおける問題点や将来的展望
に関して講義参加者によるディスカッション等を行う。また本講義では、直接的
にコンピュータネットワークの基礎技術を扱わないが、インターネット概論およ
びネットワークアーキテクチャ程度の知識を持っていると、その理解がより深ま
る。また、ディスカッションのたたき台になる資料は講義中に提供されるが、様々
な分野の情報に関する理解・検索能力を備えていることが履修者には求められる。
 なお、本講義はSOI環境を用いた授業を行なうため、履修者はSOIシステムを利
用することが前提となる。


担当者 村井 純
授業期間2004年春学期 月曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回 「講義概要」
・講義のねらい
・SOI について

第02回 ストリーミング技術(1)
・RTP
・RTCP

第03回 ストリーミング技術(2)
・呼制御プロトコル
・一斉配信技術

第04回 ディスカッション
 

第05回 ストリーミング関連技術
・CODEC
・Format
・入出力デバイス

第06回 ストリーミング技術応用例/サービス
・VoIP
・CDN
・DVTS

第07回 ディスカッション
 

第08回 デジタル放送(1)
・デジタル放送の目的
・技術的概要

第09回 デジタル放送(2)
・インタラクティブ性
・問題点

第10回 ディスカッション
 

第11回 デジタル放送と法律
・著作権法
・放送法

第12回 放送の再送信
・技術的課題
・法律的課題

第13回 ディスカッション
 


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について