KGC


[ English ]
行動と社会関係

お知らせ


科目名行動と社会関係 [ シラバス ]
http://fklab.net/hbsr_05F/

 この授業では、 わたしたちが日常生活のさまざまな出来事について思い描くイメージ(先入観や偏見などもふくむ)と、 人間関係・コミュニケーションとの関わりについて考えます。こうしたテーマに取り組むために、「ゲーミングシミュレーション(以下ゲーミング)」とよばれる経験学習の方法を使います。
 ゲーミングは、〈ゲーム〉という能動的な参加と、〈シミュレーション〉という実験的な探索を組み合わせたユニークな学習機会を構成します。 具体的には、 社会関係をテーマとするいくつかのゲーミングのなかで、 それぞれがロールプレイを体験しながら 「行動と社会関係」 について考えることになります。取り扱うテーマは、集団における意思決定、情報の共有、(社会的)ジレンマ状況、交渉、コラボレーション、コミュニケーションなどです。これらの題材を、ゲーミングとして体験し、考察します。
 単純化すると、ゲーミングに代表される「体験学習」の理論は、わたしたちの日常生活における直接体験こそが学習の源泉であるという仮定に依拠しています。何らかの課題(タスク)に直面するという状況が、さまざまな対処の方法を模索するという活動に結びつきます。そして、活動をともなう試行錯誤のプロセスをつうじて、わたしたちは「経験のレパートリー」ともいうべきものを育み、蓄積していくのです。こうして体得された知識は、類似した問題状況において喚起され、〈その時・その場〉(あるいは〈いま・ここ〉)での有意味な活動へと結びつきます。このようにして、学習は「効果」や「結果」ではなく継続的な「プロセス」として概念化すべきものであることが強調されるのです。
 重要なのは、ゲーミングとして構成される世界での体験や発見・気づきを、 他の場面における人間関係・コミュニケーションをめぐる問題と関連づけて理解するという点です。ゲーミング を活用した学習環境の評価をしながら、 可能であれば、 あたらしいゲーミングのデザインをおこないます。


担当者 加藤 文俊
授業期間2005年秋学期 月曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/09/26 オリエンテーション
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)
・授業のすすめかたについて
・「体験学習」の考え方について
授業のねらいとすすめかたについて説明します。演習の性質上、履修者数を
70名程
度に制限する予定です。希望者が多数いる場合には、選考をおこないます。
(第1
回目の授業に出席したひとのみを、選考対象とします)


第02回2005/10/03 演習0:ウォーミングアップ
- 講義資料(PDF)
【演習00】“消火ゲーム”(加藤, 2001)
【ふりかえり00】説明とふりかえり
授業の主旨およびすすめかたを体験的に学びます。実際に簡単なゲーミング
をおこ
ない、説明します。


第03回2005/10/17 演習1:スリー・テン
- 配布資料(PDF)
【演習01】“スリーテン”
・イメージの問題/ステレオタイプ


第04回2005/10/24 スリー・テンのふりかえり
- 配布資料(PDF)
- 講義資料(PDF)
【ふりかえり01】“スリーテン”の説明とふりかえり
・イメージの問題/ステレオタイプ
・ゲーミングをデザインする(1):目的と実施条件の設定


第05回2005/10/31 演習2:ウィンターサバイバル
- 配布資料(PDF)
【演習02】“マーズメッセージ”
・コミュニケーションと組織・情報の共有
・ゲーミングをデザインする(2):モデルの開発


第06回2005/11/07 ウィンター・サバイバルのふりかえり
- 講義資料(PDF)
- 配布資料1(PDF)
- ウィンター・サバイバルスコア一覧(PDF)
【ふりかえり02】“マーズメッセージ”の説明とふりかえり
・コミュニケーションと組織・情報の共有
・ゲーミングをデザインする(3):表現に関する決定


第07回2005/11/14 演習03:マーズメッセージ他
- 配布資料(PDF)
【演習03】“ウィンターサバイバル”
・意思決定の方法/リーダーの役割


第08回2005/11/28 マーズメッセージなど...のふりかえり
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)
【ふりかえり03】“ウィンターサバイバル”の説明とふりかえり
・意思決定の方法/リーダーの役割
・ゲーミングをデザインする(4):構築と修正


第09回2005/12/05 演習04:バルンガ
- 配布資料(PDF)
【演習04】“取調室”
・社会的ジレンマ状況


第10回2005/12/12 BARNGAのふりかえり
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)
【ふりかえり04】“取調室”の説明とふりかえり
・社会的ジレンマ状況
・ゲーミングをデザインする(5):第三者が利用するための準備


第11回2005/12/19 演習05:取調室
- 配布資料(PDF)
【演習05】“バルンガ”
・コミュニケーションの重要性/社会的ルール


第12回2006/01/16 「取調室」のふりかえり・社会的ジレンマ状況
- 講義資料(PDF)
【演習06】新年企画“お年玉ゲーム”(予定)



第13回2006/01/18 まとめ:行動と社会関係
- 講義資料(PDF)
【ふりかえり05】“バルンガ”の説明とふりかえり
・コミュニケーションの重要性/社会的ルール
・メディアとしてのゲーミングシミュレーション
・あたらしい学習観の必要性
※月曜代替日



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について