KGC


[ English ]
政策過程論1

お知らせ 【補講】6/11(土)3限@Ω12補講を行います。


科目名政策過程論1 [ シラバス ]
http://fdr.sfc.keio.ac.jp/ppm12005/index.html

 このクラスは、日本政府の決める公共政策の決定のされかた、実施のされかたに注目し、その分析枠組みを身につけることを目的とします。なにやら難しそうですが、そうではありません。実は、諸君は、みな毎日、決定し実施しています。今日の昼には、何を食べようか。中華丼かカレーライスか。はたまた抜きにしようかなどなど。そして、中華丼と決めて、出かけようとしたら、昼飯を一緒に食おうという友達から電話がかかってきました。結局、その友達の電話がきっかけになって、中華丼ではなく、カレーライスをたべることになりました。
 政府の政策過程も、こうした流れをたどることがよくあります。勿論、もっと複雑ですが。政府の決定は、準備段階から与党が重要な役割を果たします。与党は拒否権を事実上もっており、政府の案に注文をいろいろつけてきます。そうした状況のもとで、政府の政策は、与党によってしばしば変えられます。もちろん、よく変わる場合だけならよいですが、その逆もしばしばみられます。クラスでは、こうした政府の具体的政策をどのような分析枠組みで分析したらよいのか、丁寧に説明します。
 もう一つ重要なのは、小泉内閣では、9.11事件後の政府の対応、イラク開戦、中越地震、スマトラ沖地震など、ずいぶんと短時間に首相が決断を求められるケースがありました。そういうときにこそ、指導力は実に重要です。クラスではリーダーシップ論にも触れるつもりです。
 経済政策をはじめ政策論議が盛んですが、政策を立案するうえでも、この政策過程論で学ぶ、決定、実施の際の組織の特徴を知ることは極めて重要です。


担当者 草野 厚
授業期間2005年春学期 火曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/04/12 オリエンテーション・さまざまな決定と実施
- レジュメ(PDF)


第02回2005/04/19 巨大組織、末端の決定と実施の例を学ぶ
- レジュメ(PDF)


第03回2005/04/26 政策過程の定義・具体例で理解する
- レジュメ(PDF)


第04回2005/05/10 政策過程分析に入る前の予備知識
- レジュメ(PDF)


第05回2005/05/24 政策過程モデル
- レジュメ(PDF)


第06回2005/06/07 組織過程モデルについて学ぶ
- レジュメ(PDF)


第07回2005/06/11 【塾内限定公開】ゲスト講演:外務省経済協力局政策課長 上村司氏


第08回2005/06/14 組織過程モデルについて考える
- レジュメ(PDF)
- 古川園さん講義資料(PDF)


第09回2005/06/21 キューバ危機後編の視聴
- レジュメ(PDF)


第10回2005/06/28 組織過程モデルから官僚政治モデルへ
- レジュメ(PDF)
- 05年度キューバ危機資料(PDF)


第11回2005/07/05 その他のモデル
- レジュメ(PDF)


第12回2005/07/12 政策過程論を振り返る
- 原さん配布資料(PDF)
- 清水さん配布資料(PDF)
- 白石さん配布資料(PDF)
- 中町さん配布資料(PDF)
- レジュメ(PDF)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について