KGC


[ English ]
言語とヒューマニティ

お知らせ 7/20,22提出の中間レポートについては、
第13回講義資料「最終レポート提出について (PDF)」をご覧ください。


科目名言語とヒューマニティ [ シラバス ]


 この科目は、言語というパースペクティブから、哲学・歴史・文学・宗教・芸術といった人文科学諸分野を考察することを目的とする。声、文字を使った話す、歌う、語る、書くといった人間の行為は、意図の伝達、共同性の構築、芸術作品の創造などの問題を考えるうえでその基盤となす。つまり言語を考えることは、その話し手であり、聞き手である人間を考えることであり、人間と人間の絆を考えることである。グローバリゼーションが喧伝されるこの現代において、人間の起源が解き明かされようとしているこの現代において、「個」としての人間存在と「人間性(=ヒューマニティ)」との関係をどのように考えていけばよいのか、この問題を「言語」を支柱として探求していく。


担当者 國枝 孝弘
授業期間2005年春学期 水曜日1時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/04/13 ガイダンス(言葉と人間)


第02回2005/04/20 音と人間
- 配布資料(PDF)
- 講義資料(PDF)


第03回2005/04/27 ことばと権力(1)文字と書くこと
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第04回2005/05/11 ことばと権力(2)
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第05回2005/05/18 ことばと名づけ
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)
- 【重要】中間レポート提出について (PDF)


第06回2005/05/25 宗教と人間
- 配布資料(PDF)
- 講義資料(PDF)


第07回2005/06/01 個と近代(1)言語と共同性
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第08回2005/06/08 個と近代(2)語りと共同性
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第09回2005/06/15 中間レポートコメント
- 講義資料(PDF)


第10回2005/06/22 ことばと歴史
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第11回2005/06/29 ことばの創造と人間的体験
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第12回2005/07/06 象徴と照応
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第13回2005/07/13 詩と人間
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)
- 【重要】最終レポート提出について (PDF)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について