KGC


[ English ]
インターネット概論

お知らせ


科目名インターネット概論 [ シラバス ]
http://www.soi.wide.ad.jp/

 インターネットは元来コンピュータとコンピュータを相互に接続する事から始まった。そして、現在は、家電や小型端末、タグ、センサなどさまざまな機器が接続されている。一方、光ファイバや無線など、インターネットの網側の媒体も多岐に渡っている。
 本講義では、このような大きな転換期を迎えているインターネット技術が、どのような仕組みで動きどのように運用されてきたか、また、これからのインターネット技術はどのように変化するのかについて学習する。
 具体的には、コミュニケーションモデル、TCP/IP、そしてその上で実現されているサービス(アプリケーション)について解説し、現在、用いられている技術の本質な部分を明確にすることによって、普遍な部分、可変な部分を明らかにする。
 また、技術的な議論だけではなく、インターネットを取り巻く環境の変化や新しい技術が世の中に展開していく上での問題について、議論および考察を行い、我々はどのようにこれらの課題に対応するべきかを考えていきたい。
 なお、本講義はシラバスに沿った内容だけにとらわれず、その時々にあった話題も随時取り入れる。本講義は、SOI環境(School of Internet / http://www.soi.wide.ad.jp/ を参照のこと)を用いた授業を行なうため、履修者はSOIシステムを利用することが前提となる。


担当者 村井 純
授業期間2005年春学期 月曜日5時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業マテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回 「授業概要」
本授業の進め方や本講義に関連する参考資料について説明する。本講義で扱う範囲や問題発見/解決のアプローチを述べ、本講義を概観する。 

・インターネットとは 
・インターネットが社会にもたらした恩恵 
・本講義の進め方 
・インターネットのモデル 
・自律分散協調 

第02回 「インターネット概論」
デジタル情報とコンピュータ・ネットワークについて説明する。電話網などのインターネット以外のネットワークとの比較などを行い、インターネットの特徴について述べる。 

・デジタル情報の意味とその特徴について 
・プロトコル 
・階層化モデル 
・コミュニケーションに必要な機能と役割分担 
・データグラムとバーチャルサーキット 
・機能の分散 
・我が国のインターネットの歴史と役割 

第03回 「通信インフラストラクチャ」
通信インフラストラクチャの現状と課題について述べる。 

・Ethernet 
・ATM から 802.1qへの移行 
・無線LAN 
・WDM 
・xDSL 
・競争環境の整備 
・国際線の経済 

第04回 「インターネットアプリケーション」
インターネットの様々なアプリケーションについて紹介する。 

・サーバークライアントとP2P 
・DNS 
・Mail(SMTP,POP,IMAP,etc) 
・FTP 
・HTTP 
・XML Webサービス 

第05回 「モーバイルアプリケーション」
移動しながら利用するアプリケーションや支援環境について紹介する。また、ノードが地理的に分散する環境で可能になる、サービスについて述べる。 

・インターネットと携帯電話 
・インターネット自動車 
・IPCar/InternetITS 
・実空間でのサービスとランデブーポイント 
・P2Pモデル 

第06回 「オーバーレイネットワーク」
・インターネット上のコミュニケーション 
・P2Pネットワーク 
・マルチキャストストリーミング 
・インスタントメッセンジャーとグループウェア 
・グリットコンピューティング 
・ソーシャルネットワーキング 

第07回 「セキュリティとプライバシー」
ネットワーク上のセキュリティ技術とその利用について紹介する。 

・認証技術 
・公開鍵暗号、電子署名 
・証明書と証明期間 
・個人情報と表現の自由 
・社会関係資本とセキュリティ

第08回 「メディアと政策」
既存のメディアがインターネット上に移行するときに発生する問題点や、現在模索されている解決方法について紹介する。 

・技術の問題点 
・社会の既存ルールとの衝突 
・政治の問題点 
・技術による解決と規則による解決 
・放送と通信の融合 
・草の根メディア

第09回 「教育とその情報化」
インターネットを用いた遠隔教育について、どのような情報化が必要であるか、現在行われている実例の紹介を述べる。 

・教育にとっての情報化とは何か 
・高等教育とインターネット 
・SOI(WIDE University School of Internet) 
・初等中等教育 

第10回 「インターネットビジネス環境とその制度基盤」
インターネットを利用して行われているビジネスの紹介とそれが抱える問題点について述べる。 

・インターネット上の諸ビジネスとそのモデル 
・オープンソースとプロプリエタリ 
・通信技術革新の妨害要因 
・情報取引の特徴と新しいルール 
・税制 
・著作権 
・ビジネスモデル特許 
・帯域にかかるコスト比較 

第11回 「グローバルガヴァナンス」
インターネットの円滑な管理と運用のために行われている活動について紹介する。 

・機関と標準化 
・意志決定の方法 
・ICANN,IETF 
・ドメイン名を巡る問題 
・新たなTLD 
・digital divideとその緩和に向けて 


第12回 「インターネットの発展と未来」
インターネットの将来像について、現在行われている試みと方向性について紹介する。 

・IPv6 
・通信インフラストラクチャ 
・Real World in Virtual World 
・人材と教育 
・技術と人間の幸福 
・インターネットのこれから 
・まとめ 

第13回 「最終試験」


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について