KGC


[ English ]
多言語社会コミュニケーション

お知らせ


科目名多言語社会コミュニケーション [ シラバス ]
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2004_14621/

 近年よく耳にする 「多言語主義」 「多言語社会」 ということばは、 「単一民族・単一言語・単一国家」 であるといわれることの多い日本では新鮮に響く概念です。 この講義では、 多言語社会という視点から日本の言語社会をとらえなおすことを目的とします。 多言語社会の実態や問題点をさまざまな角度からとらえるために、 以下のようなトピックを中心に考察を進める予定です。
 1) 世界の多言語社会の事情
 2) 多言語主義と言語帝国主義、 言語権
 3) 日本は多言語国家か?
 4) 日本語教育の歴史
 5) 多言語社会藤沢
 6) 多言語社会のコミュニケーション:ダイグロシア、 バイリンガリズム、 コードスイッチング
 7) 在日外国人のコミュニケーションの諸相
 8) 多言語社会における言語政策と言語教育
 9) 講演


担当者 平高 史也
授業期間2005年春学期 金曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/04/08 はじめに:多言語社会コミュニケーションとはなにか
- 配布資料(PDF)


第02回2005/04/15 多言語社会のコミュニケーションの諸相
- 配布資料(PDF)


第03回2005/04/22 言語の地位
- 配布資料(PDF)


第04回2005/05/06 言語政策
- 配布資料(PDF)


第05回2005/05/13 多言語社会における言語教育
- 配布資料(PDF)


第06回2005/05/20 言語調査
- 配布資料(PDF)


第07回2005/05/27 日本語教育史(1)
- 配布資料(PDF)


第08回2005/06/03 日本語教育史(2)
- 配布資料(PDF)


第09回2005/06/10 多言語社会日本(1):土着の言語と移住者の言語
- 配布資料(PDF)


第10回2005/06/17 多言語社会日本(2):在住外国人のコミュニケーション
- 配布資料(PDF)


第11回2005/06/24 多言語社会日本(3):言語意識と言語イメージ〜方言と若者ことば〜
- 配布資料(PDF)


第12回2005/07/01 「日本語能力試験とスタンダード」国際交流基金 ジャパンファウンデーション 日本語事業部試験課 金田泰明氏によるゲスト講演
- 金田氏講義資料(PDF)


第13回2005/07/08 グループワーク発表会



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について