KGC


[ English ]
リージョナルアナトミー論B

お知らせ 【休講】5/11(水)休講となります。 【補講】7/09(土)補講を行います。 【課題】個人レポートは、レポートシステムでの提出となります


科目名リージョナルアナトミー論B [ シラバス ]


「朝鮮半島とオーバーシーズコリアン」
 我々は、 グローバル社会の中で、 どのように特定リージョンの諸問題と向き合い、 情報受信・発信を行うべきだろうか。 その方法論をいっしょに考えつつ、表題についての「知の共有」をはかるのが本講座の目的である。 一般的に政策提言というと、 即効性と局部的問題の解決を急ぐあまり、 問題の 「意味」 を考慮せずに特定モデルや枠組みを適用してこと足りると考えがちである。 そのため、 新たな矛盾の発生と問題の深刻化をもたらしてしまう。
 本講座では、 情報発信・政策提言のあり方として、 (1) リージョンに内在する論理、 (2) 問題の歴史的文脈についての知識、 (3) 政策立案者と異なるところの 「他者の文化」 についての理解、 (4) 問題が発信される際の表現分析、 これら4点を包含した上での発信・提言方法を身につけていきたいと考えている。 
 具体的には、 「朝鮮半島とオーバーシーズコリアン」 に関する、 学生諸君に身近ないくつかの問題をケースとして設定し、 その問題について講義をするとともに、 いっしょに討論と課題発表を通じて政策提言をつくっていくという授業形態をとりたい。
 今学期は、1987年韓国ノテウ政権の民主化宣言以降の韓国政治社会の展開について、渡辺が講義をするとともに、ソウルの「延世大学」の著名な教授らをゲストスピーカーとして招いて、ネットによるリアルタイムの遠隔講義を行う。隣国の生の声を聞きながら、朝鮮半島についてみなさんとともに考え、ともに対話するという形式を試みたいと考えている。
 さらに本講座では、やる気のある学生のために旅費・宿泊費の財政支援を行い、延世大学とのワークショップでの研究発表を通じた実質的な知的な日韓交流を推進する。


担当者 渡辺 吉鎔
授業期間2005年春学期 水曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/04/13 オリエンテーション
- 参考文献(PDF)


第02回2005/04/20 韓国社会の見方とそのダイナミズム
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第03回2005/04/27 韓国社会の発展
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第04回2005/05/18 North Korean Nuclear Weapons Crisis (Prof. Woosang Kim - Yonsei University)
- 講義資料(PDF)


第05回2005/05/25 Korea-Japan Releations (Prof. Jung-Hoon Lee - Yonsei University)
- 講義資料(PDF)


第06回2005/06/01 Civil Society in South Korea: Retrospect and Prospect (Prof. Ho-Ki Kim - Yonsei University)
- 講義資料(PDF)
- 参考資料1(PDF)
- 参考資料2(PDF)


第07回2005/06/08 Korean Role in EastAsia Economic Community (Prof. Young-Ryeol Park - Yonsei University)
- 講義資料(PDF)


第08回2005/06/15 Korean economy after the economic crisis (Prof. Park Tae Kyu - Yonsei University)
- 講義資料(PDF)


第09回2005/06/22 Diversity of Colonial Experience and Coming of Post-colonial Society with special reference on Korea (Prof. Lew Seok Choon - Yonsei University)
- 講義資料(PDF)


第10回2005/06/29 学生討論


第11回2005/07/06 グループワーク発表(1)


第12回2005/07/09 韓国社会はどこへ向かっているのか
- 講義資料(PDF)
- 配布資料(PDF)


第13回2005/07/13 グループワーク発表(2)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について