KGC


[ English ]
デザイン言語総合講座

お知らせ 【補講】7/16(土)3限に補講を行います。


科目名デザイン言語総合講座 [ シラバス ]
http://idl.sfc.keio.ac.jp/lecture/sogo/

授業形態:オムニバス
 デザイン言語では、インタラクションのデザインを対象として扱います。環境内のあらゆるモノに情報が付加され、センサネットワークの発展したユビキタス社会。ここで重要になるのは、人、モノ、環境のコミュニケーションをどのように実現していくか、つまりインタラクションのデザイン能力です。本講義では、「身体性と知覚のデザイン」、「空間のデザイン」、「メディアのデザイン」の3つの視点からこの問題について考えます。総合講座では、デザイナー、建築家、懐石料理の宗家、形成外科医、研究者をゲストとして迎え、インタラクションデザインの実践についてお話を伺います。これらの総体として、 デザイン言語の実体である要素とルールを引き出すことが講義の目的です。また自身の問題をデザインとして捉え直し、各自の問題解決に役立てることも期待されます。世界的な活動をされているゲスト講師のお話は非常に刺激的かつ貴重なものですので、積極的な参加を望みます。


担当者 脇田 玲
授業期間2005年春学期 木曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/04/14 【塾内限定】イントロダクション(脇田 玲)


第02回2005/04/21 【塾内限定】メディアのデザイン 1(中村 勇吾氏)


第03回2005/05/19 【塾内限定】メディアのデザイン 2(永原 康史氏)


第04回2005/05/26 【塾内限定】知覚と身体性のデザイン 1(柳原 一成氏)


第05回2005/06/02 メディアのデザイン「Interactive - Emotional and Invisible Design」(水口 哲也氏)


第06回2005/06/04 メディアのデザイン「言語学と音楽の交差について」(菊池 成孔氏)


第07回2005/06/09 空間のデザイン「インターフェイス∈建築」(松川 昌平氏)


第08回2005/06/16 空間のデザイン「space2 - 空間の「次」を考える」(松本文夫氏)


第09回2005/06/23 知覚と身体性のデザイン「美しいテクノロジーのための実験工房」(山中俊治氏)


第10回2005/06/30 知覚と身体性のデザイン「形成外科とデザイン」(小林正弘氏)


第11回2005/07/07 メディアのデザイン「HAPTIC」(原研哉氏)


第12回2005/07/14 空間のデザイン(清水秀彦氏)


第13回2005/07/16 空間のデザイン「We Love What We Do!」(アストリッド・クライン氏)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について