KGC


[ English ]
比較文化E

お知らせ


科目名比較文化E [ シラバス ]
http://cce-cmkt-tpro.sfc.keio.ac.jp/tajima/top.html

 本講でいう「比較文化」とは、「中国文化と日本文化の比較」、「西欧文化と東アジア文化の比較」といった、ステレオタイプな比較論を指すものではない。また、ハンティントンのように文明(文化)で世界を切り分け、「他者」の存在に紛争の危機を見て取るといった、ワシントン的世界観を展開するものでもない。分かりやすいオリエンタリズムを求めて受講すると、恐らくは失望することになる。
まずは、文化の存在する空間から、考えてみよう。ある文化は、グローバルな広がりを見せるであろうし、またある文化は、ごく狭い地域、ひょっとしたら一村落、一家庭内にのみ存在しているのかもしれない。それら異なる層に存在する文化を対置し、比較するばかりではなく、その相互作用についても考察する。一例をあげれば、国家の統治論理と、家庭の統治論理は、いかに相互影響し、いかに対立し、いかに収斂したか、といったことが問題になる。従って、本講の内容は、単なる「文化研究」ではなく、哲学、倫理学、宗教学、民俗学、歴史学、政治学、社会学、メディア論等にまたがる、学際的なものになるであろう。
講義は、以下の三名が交替で担当する。(コロン以下は専門領域)
   氷上正:中国メディア論、映画演劇論
   川田健:中国哲学
   田島英一:中国地域研究
必然的に、考察対象は「中国」を中心とすることになる。ここであえて「中国」とカッコつきにしたのは、ウエストファリア的秩序の中に主権国家として立つ「中国」と、文化的にイメージされる「中国」とに間に、深刻なずれが存在しているからだ。文化の多層性を指摘し、その比較検討を行う中で、受講者諸君は「中国」という概念の曖昧さに気づくはずである。
この意味で本講の目的は、「中国文化」に関する既成の知識を提供するものではない。むしろ、既存の「中国」像を破壊し、受講者諸君に知の再構築を促さんがために、存在している。一年生諸君のために、その再構築作業には言語(中国語)能力が必要になるということをも、強調しておきたい。つまり本講は、一年生(四月生)受講者にとっては、秋学期開講のインテンシブ外国語へと至る、イニシエーションとしての意味をも持つ。
各教員の具体的講義内容については、第一回授業時において、自己紹介もかねつつ行いたい。概ね、
  田島:グローバル、リージョナル、ローカルな次元から見た時の、ナショナル・カルチャーとしての「中国文化」のあいまいさについて。
  川田:儒家思想という東アジアのリージョナルな文化と「中国文化」との関係。
  氷上:ローカルな民間文化である地方劇が、「中国文化」において持つ意味。
といったテーマで、各人が講義を展開する。


担当者 田島 英一川田 健氷上 正
授業期間2005年春学期 月曜日4時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/04/11 ガイダンス


第02回2005/04/18 擬似宗教としてのナショナリズム
- 講義資料(PDF)


第03回2005/04/25 「中国」- 多重露光の自画像
- 講義資料(PDF)


第04回2005/05/02 短絡的な自画像の復活と日本
- 講義資料(PDF)


第05回2005/05/09 中華文明の拡張と衝突
- 講義資料(PDF)


第06回2005/05/16 儒家と諸子百家
- 講義資料(PDF)


第07回2005/05/23 中国思想の2大体系
- 講義資料(PDF)


第08回2005/06/06 「三国志演義」の世界 〜「演」と「義」〜
- 講義資料(PDF)


第09回2005/06/13 中国の戯曲 - 京劇と地方劇 -
- 講義資料(PDF)


第10回2005/06/20 中国電影の系譜
- 講義資料(PDF)


第11回2005/06/27 学生プレゼンテーション(1)


第12回2005/07/04 学生プレゼンテーション(2)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について