KGC


[ English ]
政策立案論

お知らせ


科目名政策立案論 [ シラバス ]
http://naokos.sfc.keio.ac.jp/class.html

 公共政策の定義を、「社会構成員が社会構成員にとって共通の諸問題に対処しようとして主体的に選択する行動指針である」とするとき、外交政策もまさにその一つであると言える。この意味において、外交政策の立案についても、他の公共政策と同様、社会構成員たる我々一人一人が主体的に係わっていく必要がある。他方、国際社会が国内社会と構造的に異なっている点にも十分留意しなくてはならない。その一例として、国内社会において「国家」が持つ強制力は、国際社会においては存在しないという点が挙げられる。
 冷戦終焉後15年を経て、国際社会はいまだ新しい秩序を求めて模索を続けているが、本講義は、国際社会において日本が果たすべき乃至果たしうる役割は何か、との視点を常に持ちながら、日本の外交政策の立案過程について検討する。検討に当たっては、日本外交が直面する具体的事例を題材として取り扱う。
 授業は基本的に講義形式で行うが、受講者からの活発な質問や意見を受けて、双方向の議論を行いたい。


担当者
授業期間2005年秋学期 木曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/09/29 オリエンテーション
- 講義資料(PDF)
一般に「政策」の意味するところについて検討するとともに、日本が国際秩序
作りに主体的に参画していくことの意義について論ずる。
問題意識の共有を行う。


第02回2005/10/06 外交政策とは何か
- 講義資料(PDF)
外交政策及びその目的について検討する。


第03回2005/10/13 外交政策立案の要素
- 講義資料(PDF)
外交政策立案に当たって、構成要素としてどのようなものがあるか、またそ
れぞれの要素がどのような役割を果たしているか、について検討する。


第04回2005/10/20 外交政策立案のモデル分析
- 講義資料(PDF)
第2回及び第3回の検討を踏まえ、外交政策立案のモデルを構築の上、当該
モデルの有用性を分析する。


第05回2005/10/27 外交政策立案の事例研究(1)
- 講義資料(PDF)
国際公共利益と国益:国際刑事裁判所について検討する。


第06回2005/11/10 外交政策立案の事例研究(2)
- 講義資料(PDF)
多角的外交:国連改革について検討する。


第07回2005/11/17 外交政策立案の事例研究(3)
- 講義資料(PDF)
日本の戦後外交の出発点:戦後処理について検討する。


第08回2005/12/01 外交政策立案の事例研究(4)
- 講義資料(PDF)
残された戦後処理:領土問題について検討する。


第09回2005/12/08 外交政策立案の事例研究(5)
- 講義資料(PDF)
問題設定と政策立案:北朝鮮問題について検討する。


第10回2005/12/15 外交政策立案の事例研究(6)
- 講義資料(PDF)
外交における国際法:日中間の海洋を巡る諸問題について検討する。


第11回2005/12/22 外交政策立案の事例研究(7)
- 講義資料(PDF)
複数の目的/複数の手段:世界貿易機関と自由貿易・経済連携協定について検
討する。


第12回2006/01/12 外交政策立案の事例研究(8)
- 講義資料(PDF)
構想力:人間の安全保障について検討する。


第13回2006/01/19 総括
- 講義資料(PDF)
外交政策立案に関し、授業全体を振り返るとともに、今後のあり方について
も検討する。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について