KGC


[ English ]
人間環境整合論

お知らせ


科目名人間環境整合論 [ シラバス ]
http://web.sfc.keio.ac.jp/~ryoko/ergonomics/index.html

 人間は日常生活の中で常に環境と対峙しています。人間を取り囲むものすべてを環境と捉えますと、ある気候条件の中に身を置くこと、何か道具を使うこと、ものを見ること、これらすべてが環境との対峙です。これらがうまく行くためには環境が人間の特性と合っていることが必要です。人間は感覚器官を通して環境を知覚し運動器官などを通じて環境に働きかけることから、人間と環境との関係をよくする上で、人間の特性についての理解を深めることが必須の課題となります。
 本講義では人間にとって好ましい環境設計を目指す「人間工学」と呼ばれる分野で必要とされる基礎事項を学びます。考慮すべき人間の身体特性や感覚の心理的・生理的側面を計測・記述する方法、得られた知見の設計への応用の仕方や応用した結果の評価法について解説するとともに、人間工学的設計の実例を紹介します。ぜひこの講義を通じて人間工学的センスを養って欲しいと思っております。
 なお、「人間環境整合論」は春学期と秋学期に開講します。春学期は福田亮子が、秋学期は福田忠彦が担当します。授業内容は、基本的には同じです。したがって、春・秋両学期履修しても単位として認められるのはいずれか一方のみであり、他方は自由科目となりますので注意してください。


担当者 福田 亮子
授業期間2005年春学期 金曜日1時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2005/04/08 オリエンテーション
- 講義資料(PDF)


第02回2005/04/15 人を測る方法(1):身体機能の計測
- 講義資料(PDF)


第03回2005/04/22 人を測る方法(2):感覚・心理機能の計測
- 講義資料(PDF)


第04回2005/05/06 視覚のエルゴノミクス(1)
- 講義資料(PDF)


第05回2005/05/13 視覚のエルゴノミクス(2):触覚のエルゴノミクス
- 講義資料(PDF)


第06回2005/05/20 聴覚のエルゴノミクス
- 講義資料(PDF)


第07回2005/05/27 【非公開】エルゴノミクス・フィールドワーク

第08回2005/06/03 日常生活におけるエルゴノミクス
- 講義資料(PDF)


第09回2005/06/10 【非公開】ITのエルゴノミクス〜企業におけるエルゴノミクス活動(日本アイ・ビー・エム株式会社 ユーザーエクスペリエンス・デザインセンター 吉武良治氏によるゲスト講演)

第10回2005/06/17 クルマのエルゴノミクス
- 講義資料(PDF)


第11回2005/06/24 マーケティングにおけるエルゴノミクス(日本コカ・コーラ株式会社 経営戦略本部経営情報部 森口誠氏によるゲスト講演)


第12回2005/07/01 チームワークにおけるエルゴノミクス
- 講義資料(PDF)


第13回2005/07/08 エルゴノミクスにおける現状と今後の展望
- 講義資料(PDF)



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について