KGC


[ English ]
国際開発協力論B

お知らせ


科目名国際開発協力論B [ シラバス ]
http://web.sfc.keio.ac.jp/~kaji

 世界銀行の区分によれば、 世界の 210 カ国地域の内、 158 カ国地域が、 1人当たり GNP 9385 ドル以下で、 開発途上国と呼ばれ、 開発援助の対象国となっている。 先進工業国は、 これらの国々に年間約 550 億ドル (7兆円、 1996年) もの政府開発援助を拠出している。
 近年、 こうした開発援助は、 より人道的・社会的色彩を強め、 開発援助を超えて、 国際協力の名で呼ばれる。 本講義は、 国際協力事業団の寄付講座として開講されるもので、 国際協力のさまざまな具体的事例を紹介しつつ、 学生諸君に真の国際協力のあり方や、 わが国の貢献のあるべき形について、 諸君なりの考えを確立して貰うことをねらいとする。 講義の一環として、 10月の国際協力フェスティバルへの参加、 著名な講師を招いての、 特別公開講義も予定している。


担当者 梶 秀樹
授業期間2006年秋学期 木曜日4時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2006/09/28 オリエンテーション
- 資料集(PDF)
担当 梶 秀樹
講義のねらいと評価の方法
国際協力の分野とその担い手
国際協力の必要性
フィールド調査の説明


第02回2006/09/30 【11月2日分補講】学外フィールド調査(9月30日もしくは10月1日)
日比谷公園で開催されている「グローバルフェスタJAPAN2006」のフィールド
調査
(11月2日を休講とするので、この調査をその日の補講扱いとする)

第03回2006/10/05 国際開発協力の分類/日本及び世界各国の国際開発協力の実績
担当 梶 秀樹
国際開発協力の分類
日本及び世界各国の国際開発協力の実績


第04回2006/10/12 国際協力におけるマルチとバイの関係
- 後さん講義資料(PDF)
担当 梶 秀樹
国際協力におけるマルチとバイの関係
AITの活動(VTR)
9月30日、10月1日のフィールドレポート提出 12時 イオタ205
号室


第05回2006/10/19 ODAをめぐる最近の内外の傾向とJICAの取り組み - JICA 木下雅司氏
- 講義メモ(PDF)
- 木下氏講義資料(PDF)
講師 JICA職員
JICAの活動(1)
ODAを巡る最近の内外の動向とJICAの取り組み


第06回2006/10/26 国別課題別アプローチとプロジェクトサイクル/技術協力プロジェクトの仕組みと評価 - JICA 木下雅司氏
- 木下氏講義資料(PDF)
講師 JICA職員
JICAの活動(2)
JICAの国別・課題別アプローチとプロジェクトサイクル
技術協力プロジェクトのしくみと評価方法


第07回2006/11/09 JICAの活動(3) - JICA職員
講師 JICA職員
JICAの活動(3)
グローバル・イシューに対するJICAの取り組み
 ―ジェンダーと貧困を中心に―

第08回2006/11/16 【塾内限定公開】日本のODAの成功と今後の課題 - 元外務省職員 八島宏次氏
- 配布資料(PDF)
日本のODAの成功と今後の課題
講師 八島宏次(元外務省職員)


第09回2006/11/30 ミャンマー(ビルマ)少数民族迫害国外避難民の現状
- 持丸さん発表資料(PDF)
国連機関の活動
講師 UNDP東京事務所


第10回2006/12/07 国連機関の国際協力 - 日本赤十字社 東浦洋氏
- 東浦氏講義資料(PDF)
国連機関の国際協力講師 東浦洋(日本赤十字社)


第11回2006/12/14 NGO OISCAの活動 - 財団法人オイスカ 国際協力部 長宏行氏
- 長氏講義資料(PDF)
講師 OISCA
NGOからみたの政府国際協力
冬期休暇中の課題出題


第12回2006/12/21 草の根国際協力 - 根本努氏
- 根本さん講義資料(PDF)
講師 土屋氏
草の根国際協力


第13回2007/01/11 国際開発協力と日本国憲法
担当 梶 秀樹
国際開発協力と日本国憲法
冬期課題レポートの提出(講義終了時) 



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について