KGC


[ English ]
キャリア開発論

お知らせ


科目名キャリア開発論 [ シラバス ]
http://lms.hrdc.sfc.keio.ac.jp/

 キャリア開発の理論と現状を多様な視点から概観します。オーソドックスな企業が提供する教育研修プログラム、多様な選択型の教育プログラム、そして自分で自分のキャリアをデザインするキャリア自律プログラムといった様々な視点による、キャリア開発のアプローチを概観すると同時に、どのように自分のキャリア開発を考えるかという視点で実践的に、個々人のキャリアデザインを考えてもらう予定です。授業では、キャリアに関する各種理論を概観するというより、実践的にキャリアデザインを行うにはどのような課題を克服するかという実践的な視点から授業を進める予定です。
 また、企業のキャリアカウンセラー、教育研修所の担当の方々など、あるいはユニークなキャリア履歴を持っておられる方をお招きして、キャリア開発のかかわる様々な実務的な課題をお話いただく予定です。


担当者 花田 光世
授業期間2006年秋学期 月曜日4時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2006/09/25 キャリア開発の意義と役割
- 講義資料(PDF)
いまなぜキャリア開発が重要なのか。キャリア開発の役割と意義など、キャ
リア開発論の目的などを幅広く展望し、シラバスの説明を行います。また授
業時間中に選抜のためのミニ論文を作成してもらいます。


第02回2006/10/02 伝統的教育研修と個人主導型キャリア開発の仕組み
- 講義資料(PDF)
伝統的教育研修と人事制度の関連性を説明します。伝統的教育プログラムで
は、企業主導の、企業が必要とするスキルや知識を提供する研修でした。そ
れが何故い必要であったのか、どのように実施されていたのか、その結果は
どのようなものであったのかなどを人事制度との関連性、組織と個人との関
係などを念頭におき説明します。


第03回2006/10/16 自律型キャリアデザイン
- 講義資料(PDF)
90年代半ばから起こってきた、組織内キャリア自律の動きを概観し、なぜ
組織内キャリア自律が起こってきたのか、その実態は?個人はどのようにキ
ャリア自律とむきあうのかなどを検討する予定です。自律型キャリアデザイ
ンプログラムの特色、新しい人事制度との関連性、組織と個人との関係など
について、担当講師の今後の人事の展望に関する所感を含めた解説を行いま
す。


第04回2006/10/23 キャリアを考える
- 講義資料(PDF)
一人が一生ひとつの組織でキャリアをまっとうする時代ではなくなってきま
した。また定年退職が65歳に延びようとし、人生85年の生涯学習の時代
に入ろうともしています。その中で、個人にとってのライフキャリアとは何
かの見直しが進展しています。このような新たな時代背景をもとにしたライ
フキャリアを、長期的な個人のライフデザインの視点から概観する予定で
す。


第05回2006/10/30 組織を変革するキャリア開発【早慶戦のため休講】
個人のキャリア開発は、個人の成長をはかるとともに組織の変革と成長にお
いても重要な役割をはたします。いかに個人のキャリア開発と組織の成長が
関係するか、前週のライフキャリアでは組織から離れた個人のライフデザイ
ンの問題を検討しましたが、第5回目の授業では組織の視点からの新しいキ
ャリア開発の問題を検討する予定です。従来は必ずしもキャリア開発の手法
として認められなかったような様々なアプローチが新しいキャリア開発の手
法として認定され、組織の変革の視点から活用されてきています。その現状
などを解説します。

第06回2006/11/06 【塾内限定公開】なぜ今トータルライフデザインが重要か
自律的にキャリアをデザインしていく上において、それを可能にする個人の
ファイナンシャルプラン・デザインは重要な問題です。ライフデザイン/ファ
イナンシャルプランの専門家をお招きし、ファイナンシャルプランとキャリ
アデザインの関係性についてお話をいただく予定です。


第07回2006/11/13 トータルセルフアセスメント(1)
キャリアデザインにおいては自分自身を多面的に知るということは重要で
す。二回に分けて、個人のバリュー、ライフストーリー、スキル、ネットワ
ーク、パーソナリティなどについて多面的に個人のたなおろしを行う予定で
す。授業に先立ち、個人のたな卸しに必要な各種テストを受けてもらう予定
です。


第08回2006/11/20 ライフキャリアチャートの活用を考える
- 講義資料(PDF)
前週に引き続き自分自身のたな卸しをワークショップで行い、キャリアデザ
インにおけるトータルアセスメントの重要性を確認してもらう予定です。


第09回2006/12/04 キャリアデザインの実際
- 講義資料(PDF)
キャリア開発の仕組みをどう活用すれば個人のキャリアデザインの構築を有
効に行うことができるかどうか、トータルアセスメントの結果をどのように
キャリアデザインに活かすことができるかどうかなど、実践的な視点からキ
ャリア開発の活用に関してのポイントを概観します。


第10回2006/12/11 【塾内限定公開】キャリア開発ケース研究
企業の教育システムを設計する担当者の方をお招きし、企業におけるキャリ
ア開発の事例をお話いただく予定です。


第11回2006/12/18 【塾内限定公開】キャリアアドバイザーの役割
コーチ、メンター、キャリアカウンセラーなど個人のキャリアをサポートす
る様々な役割が企業で活用されてきています。このような多面的なキャリア
アドバイスの実態と、担当講師が展開しているキャリアアドバイザー制度に
ついて概観します。


第12回2007/01/15 キャリアアドバイザーとカウンセラー
- 講義資料(PDF)


第13回2007/01/22 キャリア開発論のまとめとクイズ
秋学期の授業のまとめと授業の理解度をはかるクイズを実施します。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2018, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について