KGC


[ Japanese ]
THEORY OF ENVIRONMENTAL POLICY

NEWS


TitleTHEORY OF ENVIRONMENTAL POLICY [ Syllabus ]



Faculty Hironori Hamanaka
Term2006 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & Materials
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012006/04/11 イントロダクション
- 講義資料(PDF)
序論として、環境政策とは何かを概観するとともに、授業計画を紹介する。


#022006/04/18 環境問題の変遷と環境政策の歴史(1)
- 講義資料(PDF)
高度経済成長に伴う公害問題の深刻化、公害対策基本法の制定、公害国会に
おける公害対策立法の進展など本格的な公害対策の形成、環境庁の設置と環
境行政の展開、石油危機後の環境行政の停滞、公害健康被害補償制度の見直
し、都市型・生活型公害問題への取組などをレビューする。


#032006/04/25 環境問題の変遷と環境政策の歴史(2)
- 講義資料(PDF)
環境基本法の制定と同法に基づく新しい環境政策の展開として、地球環境問
題への取組、廃棄物・リサイクル法制度の整備と対策の進展、化学物質に関
するPRTR法など情報的手法の活用、企業やNGOなどのステークホルダーの役割
強化・自主的取組の進展などにみられる環境ガバナンスの進展をレビューす
る。


#042006/05/02 環境政策の基本的枠組
- 講義資料(PDF)
環境基本法制定の背景、同法の目的、基本理念について概説する。また、環
境基本法およびこれに基づき実施されている環境政策の諸原則(未然防止・予
防、汚染者負担、拡大生産者責任など)について論ずる。


#052006/05/09 環境政策手法(1)
- 講義資料(PDF)
環境基本計画などの計画的手法に関し、計画の機能と要素、環境基準などの
計画の目標、計画策定プロセス、実施状況の点検・評価と計画の見直しなど
について論ずる。


#062006/05/16 環境政策手法(2)
- 講義資料(PDF)
対策実施手法として、行為規制、パフォーマンス規制、手続き規制などの規
制的手法、税・課徴金、預かり金払い戻し制度、排出量取引などの経済的手
法、情報開示手法、自主的取組、および環境教育・学習、普及啓発、民間活
動支援などの支援的手法について論ずる。


#072006/05/23 政策ミックスの事例と課題−アスベスト対策
- 森谷氏講義資料(PDF)
アスベスト対策を事例として取り上げ、どのように政策が進展してきたの
か、どのような政策ミックスが採用されているのかを、国の政策担当者の講
演を通じて検証する。


#082006/06/06 環境政策手法の選択と適用
- 講義資料(PDF)
第5回、第6回および第7回で学んだ各種政策手法を、特定の環境問題を事例に
とりあげ、その特性や実態に応じて組み合わせる政策ミックスの手法につい
てインタラクティブな授業を通じて学ぶ。


#092006/06/13 政策ミックスの事例と課題−循環型社会形成推進政策(1)
- 瀧口氏講義資料(PDF)
循環型社会形成推進政策を事例として取り上げ、容器包装リサイクル制度を
含め、どのように政策が進展してきたのか、どのような政策ミックスが採用
されているのかを、国の政策担当者の講演を通じて検証する。


#102006/06/27 政策ミックスの事例と課題−地球温暖化対策(1)
- 水野氏講義資料(PDF)
地球温暖化対策を事例として取り上げ、京都議定書目標達成計画の実施のた
めにどのような政策ミックスが採用されているのかを、国の政策担当者の講
演を通じて検証する。


#112006/07/08 【5/30分の補講】政策ミックスの事例と課題−循環型社会形成推進政策(2)
- 講義資料(PDF)
第9回で検証した循環型社会形成推進政策の政策ミックスの課題について考察
する。


#122006/07/11 【6/20分の補講】政策ミックスの事例と課題−地球温暖化対策(2)
- 講義資料(PDF)
第10回で検証した京都議定書実施のための地球温暖化対策に関し、その政策
ミックスの課題について考察する。


#132006/07/11 【7/4分の補講】新しい環境政策の方向と課題
- 講義資料(PDF)
本授業を総括し、複雑化する環境問題に対する取組を効果的に推進するため
に、政策のベストミックスをどのように構成すべきかについて考察する。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2019, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site