KGC


[ English ]
宗教と現代社会

お知らせ


科目名宗教と現代社会 [ シラバス ]


イスラームの教えを軸に宗教と現代社会の問題を考えていく。先入観や偏見にとらわれない、イスラームに対する包括的な理解を深め、その教えの基本を念頭におきながら、さまざまな角度から、宗教、社会、国家、民族、個人、経済、文化、思想、人権、戦争、科学、芸術などの問題を扱いたい。それは、グローバル化時代に生きるわれわれにとって、人類全体に向けられた教えとしてのイスラームの意義を探っていくことでもある。アラビヤ語の用語の紹介なども積極的に行ないたい。


担当者 奥田 敦
授業期間2007年春学期 金曜日4時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2007/04/13 宗教と科学
- 講義資料(PDF)
宗教と科学の関係について、両者の相補性について着目する。


第02回2007/04/20 アラビヤ語のススメ(1)
- 講義資料(PDF)
アラビヤ語について紹介する。


第03回2007/04/27 アラビヤ語のススメ(2)
- 講義資料(PDF)
一神教の最終形態としてのイスラーム


第04回2007/05/11 宗教とイスラーム(1)
- 講義資料(PDF)
イスラームとは何か。


第05回2007/05/18 神について(1)
- 講義資料(PDF)
神はどこにいるのか。多神教と一神教の関係について。


第06回2007/05/25 イスラームとは(1)
- 講義資料(PDF)
神が一つとはどういうことなのか


第07回2007/06/01 【はしか流行のため休講】宗教と文化
宗教が文化の一部ではなく、文化が宗教の一つの現われであることを解説す
る。

第08回2007/06/08 イスラームとは(2)
- 講義資料(PDF)
神が一つとはどういうことなのか


第09回2007/06/15 学生プレゼンテーション
SFC発文化交流について紹介する。


第10回2007/06/22 宗教と文化〜時間論をひとつの軸として〜
- 講義資料(PDF)
宗教が文化の一部ではなく、文化が宗教の一つの現われであることを解説す
る。


第11回2007/06/29 宗教と法〜ラマダーンから考える〜
- 講義資料(PDF)
人はなぜ断食するのかから、宗教と社会の関係について考える。


第12回2007/07/06 宗教と経済〜アレッポ石鹸は語る〜
- 講義資料(PDF)
競争原理による資本主義的な経済を包み込む真の経済力について考察する。


第13回2007/07/13 人間らしさについて
- 講義資料(PDF)
人類全体が共有できる未来にとっての宗教とその役割について考察する。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について