KGC


[ English ]
地球システム

お知らせ


科目名地球システム [ シラバス ]
http://digitalearth1.sfc.keio.ac.jp/class/esys2007/index.html

われわれの生存基盤である地球は、様々な部分システムが絡みあう複雑系である。近年の地球規模の環境問題の拡がりは、もはや水・大気・土壌といった自然システムの容量が無限でなく、人間の活動の大きさやその拡大速度が問題となった事実を提示している。本講義では、地球を一つの巨大な「システム」として理解し、システム概念を軸にして、自然界・生物界・人類社会の相互作用を検討する。ただし、個別 の知識よりは、全体像を歴史観や部分の関係性から、つかむことが重要で、自然科学の法則や数量に慣れ、あるシステムの変動が、他のシステムにどのようにどの程度影響するかといった、勘所をつかむことを学ぶ。地球温暖化などを事例に、地球システムを概観するとともに、そのシステムズアプローチの基礎の修得をめざす。


担当者 福井 弘道
授業期間2007年春学期 木曜日2時限
授業レベル 大学院
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2007/04/12 ガイダンス、地球トータルシステムの考え方
- 講義資料(PDF)
- IPCC第4次報告書
- 学術会議温暖化とエネルギー報告
講義の計画
地球概観、システムとは。
地球トータルシステム(自然、生態、人間)の考え方


第02回2007/04/19 地球の歴史
- 講義資料(PDF)
全地球史解読プロジェクト
 地球史概説
 生命と地球の共進化


第03回2007/04/26 自然科学とくに物理の目で地球をみる --大気や水の定量的把握
- 講義資料(PDF)
- DGG課題参考論文 【履修者限定】
自然科学の見方、福沢諭吉から
 物理学の要用 
 物理的概念の導入 質量保存、エネルぎー保存、運動方程式
水の多様な形ー大気中の水蒸気、海洋、陸水、雪氷


第04回2007/05/10 地球システムにおける生態システムの考え方
- 講義資料(PDF)
生態システムの歴史
生態システムの分類
生態システムの価値
 大気の大循環


第05回2007/05/17 地球システムにおける人間システムの考え方
- 講義資料(PDF)
開放定常系としての地球
 全球平均の収支
 緯度・季節による違い


第06回2007/05/24 気候システム・地球(表層)システム
人間システムの歴史
人間システムの特徴
人間システムの将来


第07回2007/05/31 【はしか流行のため休講】

第08回2007/06/07 【塾内限定公開】地球と森林をつなぐ現場の視点−竹島喜芳氏
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
温暖化ガスと地表面温度
気候システムのフィードバック
温暖化予測の実情−なぜ予測が難しいのか


第09回2007/06/14 地球危機管理学の提案−地球科学と地球設計学?の連携を目指して
- 講義資料(PDF)
46億年の地球史の中で気候変動についてわかっていること
最近百万年の氷期・間氷期サイクル
人間活動と地球変動
 IPCC第4次報告書から地球温暖化研究最前線


第10回2007/06/28 現代の地球に関する自然科学的情報
- 講義資料2(PDF)
- 講義資料1(PDF)
観測・測定でとらえた現代の地球
 GEOSS、衛星リモートセンシング、フィールドセンシング
地球データマップ、デジタルアース
データの探索と発表


第11回2007/07/05 現代の地球に関する社会科学的情報
- 講義資料(PDF)
社会統計でとらえた現代の地球
 UN、EU、CIESINのアプローチ
地球データマップ、デジタルアース
データの探索と発表


第12回2007/07/12 本講義のとりまとめ−地球トータルシステムへのアプローチ
- 参考資料2 【履修者限定】
- 参考資料1 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)
地球環境問題とは
地球環境問題への対応
ジオインフォマティクスからのアプローチ
講義の最終課題の考え方



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について