KGC


[ English ]
モデリング・シミュレーション技法

お知らせ


科目名モデリング・シミュレーション技法 [ シラバス ]


私たちはふだん物事を理解するときに、頭の中に自分なりのモデルをつくり、それをもとに理解しています。日常生活だけでなく、科学や創作の分野でもモデルをつくること(モデリング)が重要な役割を果たしています。そして、モデルの理解を深めるための方法として「シミュレーション」という方法があります。本講義では、モデリングとシミュレーションについて、その基本的な考え方を紹介します。特に、社会や生命の理解の鍵だといわれている「複雑系」の考え方に関する話題を多く取り上げます。各自のノート型パソコンで実際にシミュレーションを体験するので、その面白さと可能性をじっくり 味わってほしいと思います。


担当者 井庭 崇
授業期間2007年秋学期 金曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2007/09/28 イントロダクション――複雑系とモデリング・シミュレーション
- 講義資料(PDF)
授業の目標と全体像について説明します。そして、今なぜ、複雑系の視点と
モ
デリング・シミュレーションの技法が重要なのか、ということを理解しま
す。


第02回2007/10/05 シミュレーションによる分析と理解
- 講義資料(PDF)
解析的に解くことができない現象に対して、シミュレーションによる分析・
理
解が有効であることを理解します。授業では、空港の待ち行列モデルとカオ
ス
生成モデルのシミュレーションを体験します。


第03回2007/10/19 不規則性を生み出す規則――カオス
- 講義資料(PDF)
世界の複雑さはどのようにして生じるのでしょうか。その複雑性の生成メカ
ニ
ズムとして、「カオス」の概念・理論を取り上げます。カオスとは、「規則
に
従っているにもかかわらず、不規則な振舞いをする」現象のことです。


第04回2007/10/26 不規則性を生み出す規則――カオス(2)
- 講義資料(PDF)
集中的なトップダウンの管理がなされていないシステムであっても、相互作
用
によってボトムアップに秩序が形成され得ることを理解します。ここでは、
セ
ル・オートマトンモデルと鳥の群れモデルを取り上げます。


第05回2007/11/02 相互作用による秩序形成――自己組織化
- 配布資料(PDF)
- 講義資料(PDF)
社会における現象を、多数のエージェント(主体)の相互作用としてモデル
化
する「マルチエージェントモデル」の考え方を学びます。


第06回2007/11/09 べき乗分布+モデリング・シミュレーション技法(1)
- 講義資料(PDF)
モデリング・シミュレーションのツール(PlatBox Simulator および
Component Builder)を用いて、実際にモデリングを行っていきます。この
ツールを用いれば、いわゆるプログラミング(プログラミング言語によるソ
ー
スコード記述)をせずに、モデリングを行うことでシミュレーションモデル
を
作成できます。 


第07回2007/11/16 べき乗分布+モデリング・シミュレーション技法(2)
- 講義資料(PDF)
前回に引き続き、モデリングとシミュレーションの演習を行います。 


第08回2007/11/30 べき乗分布+モデリング・シミュレーション技法(3)
- 講義資料(PDF)
非平衡な状態においては、個々の構成要素の自由は動的に変化しています
が、
その全体レベルではある秩序が維持され得ることがわかっています。その秩
序
のひとつである「べき乗分布」について理解します。


第09回2007/12/14 ネットワーク+モデリング・シミュレーション技法(1)
- 講義資料(PDF)
非平衡な状態における「べき乗分布」生成のメカニズムと、「歴史」の重要
性
について理解します。


第10回2008/01/11 複雑ネットワークのモデリング・シミュレーション(1)
- 講義資料3(PDF)
- 講義資料2(PDF)
- 講義資料1(PDF)
近年の研究で、神経回路網やWWWネットワーク、友人ネットワークなど、自然
と社会の様々なネットワークには共通の構造があることが発見されていま
す。
そのなかで、「スケールフリーネットワーク」と「スモールワールドネット
ワーク」の概念と形成原理について学びます。


第11回2008/01/12 【10/12の補講】複雑ネットワークのモデリング・シミュレーション(2)
- 第11・12・13回共通講義資料(PDF)
複雑ネットワークに関連するモデリングとシミュレーションを行います。


第12回2008/01/12 【12/7の補講】複雑ネットワークのモデリング・シミュレーション(3)
前回に引き続き、複雑ネットワークに関連するモデリングとシミュレーショ
ン
を行います。


第13回2008/01/12 【12/21の補講】総括
授業を振り返り、モデリング・シミュレーション技法と複雑系の考え方につ
い
てまとめます。



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について