KGC


[ Japanese ]
CLASSICS REVIEW

NEWS 今学期の「古典と現在」の授業はすべて終了しました。学期末試験は、7月19日(木)の第4時限に、「持ち込み不可」の形で実施されます。試験問題のうちの主要な部分を成す論述問題はすでに、SFC-SFS一斉メールにより予告され、さらに、最後の2回の授業の際にも明示されました。十分に準備をして試験に臨んでください。


TitleCLASSICS REVIEW [ Syllabus ]
http://web.sfc.keio.ac.jp/~hori/hori-lab/


Faculty Shigeki Hori
Term2007 Fall
Level Undergraduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & Materials
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012007/04/12 ガイダンス
今学期取り上げる予定の古典的著作の簡単な紹介。本を読むというのはどう
いう営みであるかという点への言及。講義予定などの説明。


#022007/04/19 ソポクレース『アンティゴネー』を読む(1)
- 講義メモ、レジュメ(PDF) [公開終了]
古代ギリシャにおいて悲劇とは何であったかということについて、また物語
のコンテクストについて解説した上、作品の構造に注目し、テクストの全体
的把握に努める。


#032007/04/26 ソポクレース『アンティゴネー』を読む(2)
- 講義メモ(PDF) [公開終了]
主要作中人物であるアンティゴネーとクレオンがそれぞれ体現するものの対
立を中心に、テクストが内包している意味について考える。最後に、20世紀
フランスの戯曲作家ジャン・アヌイの翻案『アンチゴーヌ』の抜粋を配布す
る。


#042007/05/10 ソポクレース『アンティゴネー』についてのパネル討論会
- パネリスト発言概要、大西さんレジュメ(PDF) [公開終了]
アヌイの『アンチゴーヌ』に関するTA+SAのレジュメ及びコメントに続き、
ソポクレース『アンティゴネー』をめぐるパネル討論会。パネリストは有志
の履修者。この討論会をとおして、ソポクレースの作品をさらに深く読み込
み、現代を生きるわれわれの身にも引きつけて考える。


#052007/05/17 ヴォルテール『カンディード』を読む(1)
ヴォルテールの人と作品と時代に関する若干の解説をおこない、哲学的コン
トというジャンルの特徴に言及したのち、本書の全体像を眺めてみる。その
上で、テクストに即した分析的読解に入る。


#062007/05/24 ヴォルテール『カンディード』を読む(2)
- 新規授業計画(PDF) [公開終了]
作品全体の構造と意味の多面的かつ総合的な把握をめざしつつ、テクストの
いくつかの箇所を取り上げて分析的読解を続ける。


#072007/05/31 【はしか(麻疹)のため休講】

#082007/06/07 ヴォルテール『カンディード』を読む(3)
作品全体の構造と意味の多面的かつ総合的な把握をめざしつつ、テクストの
いくつかの箇所を取り上げて分析的読解を続ける。ライプニッツ哲学の批判
の書として『カンディード』を読むとどんなことが分かるかということを中
心に、このテクストの思想的側面を掘り下げる。


#092007/06/14 エルネスト・ルナン『国民とは何か』を読む (1)
本講演の時代背景に言及した上で、テクストからい
くつかの要点、際立った点を抽出し、ルナンの唱えたネーション観を把握す
る。ルナンのこの講演と対比されることの多い哲学者J.-G.フィヒテ(1762-
1814)の1807年の演説『ドイツ国民に告ぐ』にも言及しながら、本テクスト
のアクチュアリティを考え、日本の「今、ここで」、ネーション、国家、言
語、文化、愛国心などを問い直す。


#102007/06/21 エルネスト・ルナン『国民とは何か』を読む(2)


#112007/06/28 プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない』を読む(1)
- レジュメ(PDF) [公開終了]
プリーモ・レーヴィの人と作品。本書が証言している事柄の歴史的文脈。本
書の生成に関する解説。構造および文体の考察と、著者の姿勢と意図の推察
などを通して、テクストの輪郭を捉える。


#122007/07/05 プリーモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない』を読む(2)
テクストのいくつかの箇所を分析的に読む。人間、人間性/非人間性、他
者、神と愛の不在、記憶、真実等々のテーマに着目する読解。ツヴェタン・
トドロフがプリーモ・レーヴィについて書いているところなどを紹介する。


#132007/07/12 ヴォルテール『カンディード』・ルナン『国民とは何か』・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない』をめぐるパネル討論会
- 学生プレゼンテーション要旨(PDF) [公開終了]



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site