KGC


[ English ]
マスコミュニケーション

お知らせ 2人1組の課題で、相手が課題を送ってこなかったため、代わりに自分で課題を書いて出した事のある方は先生までメール、もしくはSFSの問い合わせ欄からお知らせください。課題点数について配慮いたします。


科目名マスコミュニケーション [ シラバス ]


ネットメディアが既存マスコミを脅かす機能を持ち始めた。両者は共存するのか、ネットはマスコミを代替できるのか、検討しておく必要がある。メディアと社会の歴史、現在の問題を知り、21世紀の社会とメディアのあり方を考える。
 マスコミはなお大きな社会的影響力を保っている。その一方、記者クラブ問題、過剰取材問題などさまざまな問題点をかかえている。マスコミを見る社会の目も変化してきた。その変化を検証することは、21世紀のマスコミ問題を理解する上で重要である。
 36年間の新聞記者経験に基づく体験的メディア論になろうが、特に事前の知識、知見は必要としない。講義を元にした質疑、リポートを重視する。


担当者 原 淳二郎
授業期間2007年秋学期 水曜日5時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2007/09/26 ガイダンス
- 講義資料(通信社配信記事で賠償命令) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)
講義の進め方
何を評価するか。自己紹介としてのジャーナリストの半生。


第02回2007/10/03 マスコミとはメディアとは情報とは
- 毎日の生活とメディア
- SFC生のメディア接触率
- 講義資料(PDF)
インターネットはマスコミか。国民の生命、財産をも左右する情報。


第03回2007/10/10 現代新聞紙考
- 講義資料(PDF)
- kadai
- 課題のグループ分け 【履修者限定】
新聞はどうつくられるか。新聞の悩み。


第04回2007/10/17 倫理綱領
- 講義資料(PDF)
ジャーナリストの倫理と行動 戦争と新聞


第05回2007/10/24 新聞の社会的機能
- 講義資料(PDF)
現代社会における新聞の役割、第4の権力か


第06回2007/10/31 演習記者会見
- ケニア滞在記(ppt) 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)
記者会見とは 発表する側の論理と取材側の論理


第07回2007/11/07 新聞とテレビ
- 新聞とテレビ 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)
日本マスコミ業界の構造とマスメディア集中排除原則


第08回2007/11/14 メディアがかかえる深刻な問題
- 参考URL(再送信同意拒む民放キー局) (URL)
- 参考URL(レコード輸入権変じて日本販売禁止レコード) (URL)
- 講義資料(PDF)
- 参考URL(録画ネット異議申し立て却下) (URL)
だれも教えてくれない著作権


第09回2007/11/28 社会とメディア
- 講義資料(PDF)
報道被害問題をどう考える


第10回2007/12/05 広報とジャーナリスト
- メディアトレーニング 【履修者限定】
- 講義資料(PDF)
企業の存続に直結するマスコミ対策とメディアトレーニング


第11回2007/12/12 宅配と再販
- 講義資料(PDF)
- 融合法制のポイント
新聞産業の経営問題


第12回2007/12/19 文章力
- 講義資料(PDF)
- 通信と放送の融合に関する法体系研究会
的確な文章表現力を身につけるには


第13回2008/01/09 新聞は生き残れるか
- 講義資料(PDF)
まとめと自由討議



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について