KGC


[ English ]
地球システム

お知らせ


科目名地球システム [ シラバス ]
http://digitalearth1.sfc.keio.ac.jp/class/esys2008/index.html

われわれの生存基盤である地球は、様々な部分システムが絡みあう複雑系である。近年の地球規模の環境問題の拡がりは、もはや水・大気・土壌といった自然システムの容量が無限でなく、人間の活動の大きさや、その拡大速度が問題となった事実を提示している。本講義では、地球を一つの巨大な「システム」として理解し、システム概念を軸にして、自然界・生物界・人類社会の相互作用を検討する。ただし、個別 の知識よりは、全体像を歴史観や部分の関係性からつかむことが重要で、自然科学の法則や数量に慣れ、あるシステムの変動が、他のシステムにどのようにどの程度影響するかといった、勘所をつかむことを学ぶ。近年深刻化しつつ地球温暖化などを事例に、地球システムを概観するとともに、そのシステムズアプローチ、最先端のサイエンスの基礎の修得をめざす。


担当者 福井 弘道
授業期間2008年春学期 木曜日2時限
授業レベル 大学院
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2008/04/10 ガイダンス、地球トータルシステムの考え方
- 講義資料(PDF)
講義の計画
地球概観、システムとは。
地球トータルシステム(自然、生態、人間)の考え方


第02回2008/04/17 地球危機管理学をめざそう
- 講義資料(PDF)
全地球史解読プロジェクト
 地球史概説
 生命と地球の共進化


第03回2008/04/24 自然科学とくに物理の目で地球をみる --大気や水の定量的把握
- 第3回資料(物理・地球の大気・水圏の質量の項目参照) (URL)
自然科学の見方、福沢諭吉から
 物理学の要用 
 物理的概念の導入 質量保存、エネルぎー保存、運動方程式
水の多様な形ー大気中の水蒸気、海洋、陸水、雪氷


第04回2008/05/08 地球のエネルギー収支−太陽放射と地球放射
- 第4回資料(物理・地球の大気・水圏の質量の項目参照) (URL)
開放定常系としての地球
 全球平均の収支
 緯度・季節による違い
 大気の大循環


第05回2008/05/22 デジタルアースで地球環境問題を考える
- 講義資料(PDF)
生態システムの歴史
生態システムの分類
生態システムの価値


第06回2008/05/29 地球システムにおける人間システムの考え方
- 講義資料(PDF)
人間システムの歴史
人間システムの特徴
人間システムの将来


第07回2008/06/05 地球システムにおける生態システムの考え方
- 講義資料(PDF)
海洋の混合層、表層、深層
陸上における水の形態:河川、湖沼、土壌水分、地下水、雪氷
エネルギー収支、水収支でとらえた海と陸のコントラスト


第08回2008/06/12 地球システムにおける人間システムの考え方
- 講義資料(PDF)
- World News Ranking(一時期使用可能:ユーザー名[fukui],パスワード[fukui]) (URL)
温暖化ガスと地表面温度
気候システムのフィードバック
温暖化予測の実情−なぜ予測が難しいのか


第09回2008/06/14 【5/1分補講】Model & Stella
- 湖の水循環のSTELLAの演習教材 (URL)
- STELLA自習教材 (URL)
- model&stella
46億年の地球史の中で気候変動についてわかっていること
最近百万年の氷期・間氷期サイクル
人間活動と地球変動
 IPCC第4次報告書から地球温暖化研究最前線


第10回2008/06/14 【5/15分補講】現代の地球に関する自然科学的情報
- IPCC第四次統合報告 (URL)
- IPCC第四次統合報告解説 (URL)
- 講義資料(PDF)
観測・測定でとらえた現代の地球
 GEOSS、衛星リモートセンシング、フィールドセンシング
地球データマップ、デジタルアース
データの探索と発表


第11回2008/06/19 現代の地球に関する社会科学的情報
- 講義資料(PDF)
社会統計でとらえた現代の地球
 UN、EU、CIESINのアプローチ
地球データマップ、デジタルアース
データの探索と発表


第12回2008/06/26 地球に関するデータの共有と利用−GEOSSとDIASプロジェクトから
- 講義資料(PDF)
科学者コミュニティの活動
国際機関の活動
NGO,その他


第13回2008/07/03 デジタルアースと人間安全保障(環境・防災)問題
- 講義資料(PDF)
地球環境問題とは
地球環境問題への対応
ジオインフォマティクスからのアプローチ
講義の最終課題の考え方



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について