KGC


[ English ]
インターネット

お知らせ


科目名インターネット [ シラバス ]


電気・ガス・水道と同じように、情報インフラは、今や人間が生活していくためには、なくてはならないインフラの一つになってきています。この授業では、皆さんが小学校のころに、電気は発電所で作られ、変電所を経由して皆さんの家まで届いていますね!っと習ったように、今の情報インフラであるインターネットがどのように作られ、運用されているのかを知るとともに、どのような技術によって今のインターネットが構築されているかを概説します。また、インターネットに関連した様々な話題や問題を皆さんと共有しながら、今のインターネットをより深く理解してもらえれば、と考えています。


担当者 中村 修
授業期間2008年秋学期 月曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2008/09/29 講義概要、アナログとデジタル
- 第1回 講義資料
本講義の進め方や関連する参考資料について説明する。本講義で扱う範囲や
問題発見/解決のアプローチを述べ、本講義を概観する。また、本講義で必要
な基礎知識であるアナログとデジタルの概念について述べる。


第02回2008/10/06 パケットの旅
- 第2回 講義資料
インターネットの特徴であるパケット交換技術について解説する。電話網な
どのインターネット以外のネットワークとの比較などを行い、インターネッ
トの特徴について述べる。また、プロトコルの階層化とその恩恵について理
解する。 

・回線交換とパケット交換 
・電車と比較してみる 
・IPでのパケットの転送 
・プロトコルの階層化 
・階層化モデル 
・コミュニケーションに必要な機能と役割分担 
・自律分散協調 


第03回2008/10/27 ホスト名とIPアドレス
- 第3回 講義資料
インターネットのプロトコルであるIPの識別子について解説する。また、ホ
スト名との対応方法について述べる。 

・IPアドレスの意味と構造 
・IPv6 
・スタティックアドレスとダイナミックアドレス 
・NAT 
・ホスト名とドメイン名 
・DNS


第04回2008/11/06 インターネットへのアクセス
- 第4回 講義資料
- 課題1の進め方
家庭からインターネット利用する際に必要となる知識を、技術的視点からだ
けでなく、サービスのかしこい消費者となれる力を身につける。 

・ダイアルアップと常時接続 
・帯域とデータ量の概観 
・アクセスインフラ


第05回2008/11/07 【補講:10/20休講分】旅先からインターネット
- 第5回 講義資料
外出先からインターネットを使う際に必要となる知識を、身につける。利用
者の視点だけでなく、簡単なサービスを提供できるスキルも身につけられる
ようにする。 

・外出先でインターネットを使う 
・公衆インターネットサービスを利用する 
・海外で利用する際の注意 
・アカウントとローミング 
・公衆インターネットサービスを作る


第06回2008/11/10 トランスポートプロトコル
- 第6回 講義資料
ネットワークを介したコミュニケーションにおける、通信の性質を決めるト
ラ
ンスポートプロトコルについて述べる。

・カプセル化
・トランスポートプロトコルの概要
・UDP
・TCP


第07回2008/11/17 僕らのインターネット
- 第7回 講義資料
学生にとってもっとも身近なインターネット環境であるCNSについて述べ、ど
のようなネットワーク資源が理想的であるかを議論する。 

・CNSの概要 
・CNSの歴史 
・CNSでのネットワーク生活 
・CNS-ng


第08回2008/12/01 パーソナル・セキュリティ
- 第8回 講義資料
現在のインターネット利用者にとって、自分のみを守るセキュリティ・リテ
ラシは欠かすことのできない。ネットワーク上のセキュリティ技術とその利
用について紹介する。被害者にならないだけでなく、加害者にならないスキ
ルも実践的に身につける。 

・自分を守る 
・自分であることを証明する 
・相手との間を守る 
・情報の確からしさを守る 
・相手を認める


第09回2008/12/08 パーソナル・セキュリティ (2)
- 第9回 講義資料
現在のインターネット利用者にとって、自分のみを守るセキュリティ・リテ
ラシは欠かすことのできない。ネットワーク上のセキュリティ技術とその利
用について紹介する。被害者にならないだけでなく、加害者にならないスキ
ルも実践的に身につける。 

・自分を守る 
・自分であることを証明する 
・相手との間を守る 
・情報の確からしさを守る 
・相手を認める


第10回2008/12/22 実空間ネットワーキング
- 第10回 講義資料
近年話題となっている電子タグをはじめ、実空間の事物をインターネットの
中に取り込んでいく方向性について触れる。また、インターネットの将来像
について、現在行われている試みと方向性について紹介する。 

・Auto-ID 
・InternetITS 
・アクセスインフラ 
・IT政策とインターネット 
・高速インターネット


第11回2009/01/13 インターネットアプリケーションの将来と情報流通
- ゲストスピーカー講演資料 【履修者限定】
サービス事業者などからのゲストスピーカを交え、最新動向についての事例
紹介を行う。


第12回2009/01/17 【補講:12/15休講分】インターネットの歴史と標準化
- 第12回 講義資料
インターネットが、誰によってどのように作られたか、そしてこれからどう
なっていくのかを述べる。また、その中に身を投じるためにどのようにした
ら良いかについても触れる。 

・インターネットの生い立ち 
・我が国のインターネットの歴史と役割 
・インターネットの標準化と文化 
・インターネットのこれから


第13回2009/01/19 最終試験
詳細については、第12回授業資料を確認のこと。


Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について