KGC


[ English ]
インターネット

お知らせ 今期の授業は終了しました。授業調査にご協力下さい!


科目名インターネット [ シラバス ]
http://www.soi.wide.ad.jp/

この授業はインターネットをキャンパス環境として試験的に運用し情報社会への大きな貢献をしてきた湘南藤沢キャンパスにおいて、次の世代の情報社会を構築するために必要な理念、技術、社会制度、マーケットなど広範囲に学ぶことを目的としている。
インターネットとそのサービスを構成する技術とその仕組み、および運用方法について学習し、インターネットが現在のように「接続するモノ」と「接続する方法」両面に対する多様性と「地球全体をカバーする」規模に対する許容性を持った理由と過程を理解することを目的とする。
誰でも、どこでも、いつでも、インターネットが使える社会を創るためには、洗練された技術、優れた制度、自由な発想、先端的なセンス、そして、やりとげる根性を持ち合わせていなければならない。「次の社会は私が創る」「次の世代のためのインフラは俺にまかせろ」という気持ちで履修してほしい。


担当者 村井 純佐藤 雅明
授業期間2008年春学期 木曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2008/04/10 イントロダクション
- 講義資料(PDF)改訂版
・ようこそ”インターネット”へ!
・インターネットとは 
・インターネットが社会にもたらした恩恵 
・インターネットのモデル 
・我が国のインターネットの歴史と役割 
・本講義の進め方
・SFC-SFSの説明


第02回2008/04/17 デジタルコミュニケーションとは(基礎編1)
- 講義資料(PDF)
・デジタル情報の意味とその特徴について 
・自律分散協調 
・プロトコル 
・階層化モデル 
・コミュニケーションに必要な機能と役割分担 
・アドレス 〜 個体識別と名前空間 


第03回2008/04/24 通信インフラストラクチャ(基礎編2)
- 講義資料(PDF)
・ルーティング
・データグラムとバーチャルサーキット 
・伝送路
 - Ethernet 
 - 無線LAN 
 - WDM 
 - xDSL 
・競争環境の整備 
・国際線の経済


第04回2008/05/01 インターネット・アプリケーション(基礎編3)
- 講義資料(PDF)
ゲストを招いて最先端の話題を取り上げ、これからのインターネットの展開
とそれに付随する問題について議論や考察を行う 


第05回2008/05/08 セキュリティとプライバシ(基礎編4)
- 講義資料(PDF)
・サーバークライアントとP2P 
・DNS 
・Mail(SMTP,POP,IMAP,etc) 
・FTP 
・HTTP 
・XML Webサービス 


第06回2008/05/15 インターネットとメディア(応用編1)
- 講義資料(PDF)
・認証技術 
・公開鍵暗号、電子署名 
・証明書と証明期間 
・個人情報と表現の自由 
・著作権 
・社会関係資本とセキュリティ


第07回2008/05/22 インターネット・アプリケーション((応用編2)
- 講義資料(PDF)
ゲストを招いて最先端の話題を取り上げ、これからのインターネットの展開
とそれに付随する問題について議論や考察を行う 


第08回2008/05/29 実空間インターネット(応用編3)
- 講義資料(PDF)
・IPマルチキャスト
・ストリーミング技術
・地上波デジタル放送
・放送と通信の融合 


第09回2008/06/05 ゲスト その1:久夛良木健氏
- 講義資料(PDF)
・携帯電話の変遷 
・un-wired
・インターネット自動車 
・実空間でのサービスとランデブーポイント 
・adhoc通信 
・P2Pネットワーク 


第10回2008/06/12 グローバル・インターネット(応用編4)
- 講義資料(PDF)
ゲストを招いて最先端の話題を取り上げ、これからのインターネットの展開
とそれに付随する問題について議論や考察を行う 


第11回2008/06/19 ゲスト その2:川上量生氏
- 講義資料(PDF)
・機関と標準化 
・意志決定の方法 
・ICANN, IETF 
・ドメイン名を巡る問題 
・新たなTLD 
・digital divideとその緩和に向けて


第12回2008/06/26 ゲスト その3:夏野剛氏
- 講義資料(PDF)
・技術の問題点 
・社会の既存ルールとの衝突 
・政治の問題点 
・技術による解決と規則による解決 
・草の根メディア 


第13回2008/07/03 まとめ
- 講義資料(PDF)
・本講義の総括
・インターネットのこれから 



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について