KGC


[ English ]
方法論探究

お知らせ 「方法論探究」の補講日が決定しました。 補講は、1月17日(土)3・4時限となります。この補講は、大学院棟τ11教室で行います。 休講については、すでにアナウンスしたように明日11月18日が休講となりますが、12月16日の授業も休講とします。 まとめると、方法論探究の今後の予定は、以下のようになります。
2008/11/18(火) 休講
2008/12/02(火) 深谷先生(1)
2008/12/ 9(火) 深谷先生(2)
2008/12/16(火) 休講
2009/01/ 6(火) 深谷先生(3)
2009/01/17(土) 補講:高橋潤二郎先生×井庭 対談
2009/01/20(火) 深谷先生(4)+総括
貴重な機会なので、補講日に出席できるように、ぜひとも予定を調整して出席してください。


科目名方法論探究 [ シラバス ]
http://imi.sfc.keio.ac.jp/mt/index.html

 実践知の学問・総合政策学の新しい研究方法・手法を開発する営みがSFCキャンパス内外で展開されつつある。ここでは、そのような試みを行っている研究者たちをゲストとして招き、チャレンジの内容と心意気を語ってもらい、担当者たちおよび諸君らを交えたトーク・セッションを行い、実践知の学問・総合政策学をさらに発展させる方略を探る。
 SFCは政策COEなどを通じて総合政策学を実践知の学問として性格づけるとともに、それに相応しい新しい政策研究の方法・手法を開発してきた。また、キャンパス外にもこの方向に響き合う幾つかの試みがなされつつある。こうした挑戦的試みに接し、共に議論することで、総合政策学の共創の場をつくることが本コースの狙いである。


担当者 深谷 昌弘井庭 崇熊坂 賢次
授業期間2008年秋学期 火曜日2時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2008/09/30 オリエンテーション
- 講義資料(PDF)
狙い・コース内容概略・履修容量の説明に続いて3人の担当者が抱負を語
る。


第02回2008/10/07 井庭崇が構想する総合政策学の新たな方法・手法(1)−小さな「世界」のつくり方
- 講義資料(PDF)
マス目に色を埋めていき、画像を作成する「ドット絵」について考え、実践
する。マス目にズームインした視点と、画像全体にズームアウトした視点と
の「複眼思考」を味わってほしい。


第03回2008/10/14 井庭崇が構想する総合政策学の新たな方法・手法(2)−方法選択の発想法
- 講義資料(PDF)
複雑な現象を「モデルをつくって動かして理解する」という「モデリング・
シミュレーション」のアプローチについて紹介する。また、創造や実践のノ
ウハウをどのように共有・継承していくための「パターン・ランゲージ」の
方法を紹介する。


第04回2008/10/21 【履修者限定公開】熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法(1)−35年間のボヤキ
- 講義資料(PDF)
過去を振り返って、自分の研究スタイルを考えてみる。ここにどのような方
法と手法があったのか、を反省してみる。


第05回2008/10/28 【履修者限定公開】熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法(2)−コモンズ型ネットワーク社会への招待
- 講義資料(PDF)
受講してみる学生のみなさんと、何かのテーマを一緒になって考えるとき、
どのような方法と手法があるか、を検討してみる。


第06回2008/11/04 熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法(3)−日本の家庭料理の構造と創発
- 講義資料(PDF)
現在、どのような方法と手法で、社会の分析や解釈をしているか、を考え
る。①


第07回2008/11/11 熊坂賢次が構想する総合政策学の新たな方法・手法(4)−学生プレゼンテーション
現在、どのような方法と手法で、社会の分析や解釈をしているか、を考え
る。②


第08回2008/12/02 【履修者限定公開】深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法(1)−脳科学から見た人工知能と人間の知性
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
ゲスト:菊地進一(SFC・環境情報学部)
「脳科学から見た人工知能と人間の知性」
創造性を含む開かれた不確定性をもち、しかも、デタラメではないプロセス
が人間の実践知の大きな特徴である。SFCの気鋭の若き脳科学者が人間の知性
に切り込む。

第09回2008/12/09 深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法(2)
- 講義資料(PDF)
実践知の学問・SFC総合政策学とSFC生まれの新学問・ソシオセマンティクス


第10回2009/01/06 【履修者限定公開】深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法(3)
大量テクストデータから人々の人々の意味世界を読み解く:意味空間分析法
とテクスト意味解釈支援システム・TextImiおよびその実戦的応用


第11回2009/01/17 【補講:11/18休講分】特別対談「未来をつくる方法と道具」
- 講義資料(PDF)
複雑な社会を読み解き、未来をデザインしていくための知と方法について、
ゲストスピーカー対談を行う(2コマ連続補講として行う予定)。


第12回2009/01/17 【補講:11/18休講分】特別対談「未来をつくる方法と道具」
- 配布資料(PDF)
複雑な社会を読み解き、未来をデザインしていくための知と方法について、
ゲストスピーカー対談を行う(2コマ連続補講として行う予定)。


第13回2009/01/20 深谷昌弘が構想する総合政策学の新たな方法・手法(4)− SFC・実践知の学問を考える -方法論探究:総括-
- 講義資料(PDF)
実践知の学問:SFC総合政策学・環境情報学の現状と未来を方法論探究の視点
から展望する



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について