KGC


[ English ]
政策協働論

お知らせ


科目名政策協働論 [ シラバス ]
http://elasano.sfc.keio.ac.jp/

 講師は、宮城県知事を3期12年務め、05年11月に勇退した。知事就任以前は、厚生省に23年7ヶ月在籍した。国家公務員という行政の立場と、知事という政治家の立場を比較しながら、重要な施策の決定がどのような経過でなされるのかを分析する。
 知事になるためには、選挙によって県民から選ばれる必要がある。選挙のありかた、無党派選挙なるものの実態、有権者を主体的に選挙に関わらしめるための方策など、実践論としての選挙について考える。与党という応援舞台を持たない知事が、県議会とどのよう関わっていくのか。有権者であり、納税者である県民は、どういった形で県政に参加するのか。情報公開、地方分権、NPOをキーワードに、「ほんものの民主主義」とは何かについても考察する。
 


担当者 浅野 史郎上山 信一片岡 正昭曽根 泰教
授業期間2009年春学期 火曜日3時限
授業レベル 学部
参考文献 参考文献リスト


授業ビデオとマテリアル
受講したい回をクリックしてください。
第01回2009/04/14 授業紹介
- 講義資料(PDF)
第1回 授業紹介
    今学期の授業全体の概要について紹介する。地方分権、情報公開、
NPOと民主主義の関係、選挙とは、知事業とは、地方分権の意義、官僚制
とマネジメントなどについて、概略の説明を行うことにより、政策協同論の
輪郭をとらえてもらう。


第02回2009/04/21 政策課題の実際
- 講義資料(PDF)
第2回 政策課題の実際
 国の政策はどのようにして決まるのか。現在の政策課題を読み解くことを
通じて、国の政策をどのように批判的に見ていったらいいかの端緒をみつけ
たい。具体的には、後期高齢者医療制度、道路特定財源、年金制度の改革、
消費税の引き上げ、政治とカネの問題など、その時点におけるトピックを取
り上げつつ、その問題点を論じる。


第03回2009/04/28 新しい施策の創造とプロジェクトの見直し
- 講義資料(PDF)
第3回 新しい政策の提言とプロジェクトの見直し
    「みやぎ知的障害者施設解体宣言」は、どのような背景から発せら
れることになったのか。その意義と波紋、首長と組織との関係について論じ
る。千葉県の「障害者差別撤廃条例」の成立の経緯について論じることによ
り、障害者問題のみならず、県議会とは何かについても、考察することにす
る。もう一方において、計画に基づいて進められているプロジェクトを、途
中段階で見直すことは、さまざまな波紋を及ぼす。通常は起きない事例であ
るが、地方自治体での政権交代などにおいては、見られる現象である。宮城
県での「みやぎ保健・医療・福祉中核施設群構想」の凍結、滋賀県での新幹
線新駅建設の見直しの実例にあたりながら、この点について、考察する。県
議会が関わった例として、勾当台会館改築計画の見直しについても触れた
い。これらを通じて、「知事業とは何か」についても考察する。




第04回2009/05/12 プロジェクトの見直し(2)/「ほんものの民主主義」と情報公開
- 講義資料(PDF)
 第4回 「ほんものの民主主義」と情報公開
    不祥事がらみの情報公開を第一段階とすれば、第二段階の情報公開
は住民との問題意識の共有である。行政における情報公開が、民主主義とど
う関わるかについて論じる。



第05回2009/05/19 「ほんものの民主主義」と地方分権
- 講義資料(PDF)
第5回 「ほんものの民主主義」と地方分権
    「三位一体改革」(地方財政自立改革)は、単に補助金の使い勝手
を良くする運動ではない。住民が自分の属する自治体のお金の使い方につい
ていかに無関心か、国頼みの精神構造は地域住民にまで浸透しているのでは
ないか。地方分権の観点から、住民のお任せ体質について考察する。


第06回2009/05/26 官僚制とマネジメント
- 講義資料(PDF)
第6回 官僚制とマネジメント
    行政改革の必要性、国会(議会)と役人の関係、天下りの問題点、
民営化の可能性と限界などについて論じる。


第07回2009/06/02 【塾内限定公開】選挙の実態と課題 (浅野の選挙の場合)
- 講義資料(PDF)
第7回 選挙の実態と課題
   知事は選挙で選ばれる。選挙の図式が、そのあと4年の任期の知事と
してのありようを決定づける。選挙における政党や団体との関係、一般の有
権者をいかに巻き込むか。百円カンパ、勝手連、車座集会、青い旗作戦など
のエピソードとともに、生々しく描く。



第08回2009/06/20 【非公開】国会、地方議会の実態と課題
- 第8回代講資料 【履修者限定】
第8回 国会、地方議会の実態と課題
   議会は執行部の単なるチェック機関ではない。唯一の立法機関として
の役割をどう果たしていくか。予算編成への関わりはどうか。議員の資質を
高める方策はどうか。国会と政府との関係、県議会と知事との関係をどう生
産的なものにしていくか。


第09回2009/06/20 【非公開】政策決定におけるマスコミの役割
- 第9回代講資料 【履修者限定】
第9回 政策決定におけるマスコミの役割
   国や地方自治体における政策決定に関して、マスコミはどのような役
割を果たすのか。記者会見、取材のあり方、報道のあり方について、主に取
材される側からのアプローチを試みる。

第10回2009/06/30 【非公開】組織の不祥事と危機管理
- 企業のCSR 【履修者限定】
- レジメ 【履修者限定】
第10回 組織の不祥事と危機管理
   組織の不祥事はなぜ起こるか、どうして露見し、その後の対応の適否
はどうして決まるか。組織の危機管理の観点から考察し、その対極としての
CSR(企業の社会的責任)についても論じる。


第11回2009/07/11 【非公開】市民側にできること
- 第11回代講PDF 【履修者限定】
 第11回 市民側にできること
   政治への参加は、議員や首長になるといった大げさなことだけではな
い。政治に対する無関心、他人事意識を乗り越えて、いかにして積極的な関
わりを持つか。行動にまで移していくか。市民としてできること、できない
ことの限界を探る。

第12回2009/07/11 【塾内限定公開】マニフェストの意義と限界
- 講義資料(PDF) 【履修者限定】
第12回 マニフェストの意義と限界
    最近の選挙においては、マニフェストを掲げて候補者となる例が多
くなっている。そもそも、マニフェストとは何か。単なる選挙公約とはどう
違うのか。マニフェストを掲げて戦う選挙の意義は何か。マニフェスト型選
挙は、選挙のあり方、選挙後の政策決定のあり方をどのように変えるのか。
そして、マニフェストの持つ意義と限界について探求する。




Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
このサイトの著作権について