KGC


[ Japanese ]
DESIGNING ENVIRONMENTAL BUSINESS

NEWS


TitleDESIGNING ENVIRONMENTAL BUSINESS [ Syllabus ]



Faculty Mari Yoshitaka,Kazunori Tanji,Naoki Matsuo
Term2010 Fall
Level Graduate


Inquiry - Inquiry about this course


Lecture Video & MaterialsFlash Player
Flash Player is required to play the videos.
Click the lecture title to see lecture materials and video
#012010/09/27 Introduction
- Lecture Material 1:Prof.Hamanaka (pdf)
授業概念、第2回以降の授業予定、日本の環境・公害問題の経験と教訓


#022010/10/04 Low-carbon Business and Environmental Policy
- Lecture Material (pdf)
- Profile (pdf)
日本及び世界の政策動向、低炭素ビジネスの可能性とインパクトの大きな政
策オプション


#032010/10/18 Base of Environmental Value Evaluation
- Lecture Material (pdf)
カーボンストックを含む生態系サービスの価値とHuman-well Beingへの価値
づけについて解説する。


#042010/10/25 Environmental Issues Caused by Climate Change
- Lecture Material (pdf)
ケーススタディで、環境価値と実際に支払われる価値の相違について解説
し、環境ビジネスにおいて環境資源を保全しつつ価値を生み出すための着眼
点を解説する。


#052010/11/01 Businesses under Carbon Constrained World
- 講義資料
ビジネス環境の変化としての視点。
新しいニーズはどのようなものが産まれるか?
新しい付加価値とはどのようなものがありうるか?


#062010/11/08 Emissions Market
- 講義資料
排出権の市場とはどういったものか?
主要プレーヤーの振るまいとその背景となる状況。
地球温暖化対策としての視点。
市場は今後どう発展するか?


#072010/11/15 Voluntary Carbon Market
- 講義資料
ボランタリーな排出権市場の認識、
カーボンオフセットの意味、
グリーン電力の捉え方、現状のCDMの課題とボランタリー市場の関係


#082010/11/29 Basic concepts of CDM and its Participants
- 講義資料(PDF)
クリーン開発メカニズムとは?
投資の仕組みおよび関係者
相乗便益(コベネフィット)効果分析
市場としての今後の展望


#092010/12/13 CDM and New mechanisms in Post Kyoto Potentiality of Low carbon business
- 講義資料(PDF)
CDMとポスト京都における新メカニズムの動向
海外における低炭素ビジネスの可能性


#102010/12/18 Low carbon growth and Social business 【12月6日分補講】
- 講義資料
コベネフィット型低炭素開発事業とビジネスとしての論点
低炭素社会と企業変革
ソーシャルビジネスと環境ビジネス


#112010/12/20 Environmentral Finance and Carbon Finance
- 講義資料
- 資料1
- サンプル
- 講義資料new
環境金融一般、金融機関は環境ビジネスにどう関わるか?


#122011/01/14 【履修者限定公開】Student’s Presentation (1)
アジアを中心とした取組み事例
COPの成果及びその影響
プレゼンテーションと講評(1)


#132011/01/17 【履修者限定公開】Student’s Presentation (2)
プレゼンテーションと講評



Powered by SOI Copyright(c) 2002-2016, Keio University Shonan Fujisawa Campus. All rights reserved.
Copyright of this site